岩田剛典&杉咲花、“イナゴアイス”に驚愕!?『パーフェクトワールド』イベントにファン150名が熱狂

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』完成披露パーフェクトカーベットイベントが4日、都内・ヒューリックホール東京にて行われ、W主演の岩田剛典、杉咲花が登壇した。

パーフェクトワールド

真実の愛が降り注ぐ“バルーンシャワー”、真実の愛が固く結ばれる“南京錠”、真実の愛が鳴り響く“幸福の鐘”と、3つのシンボルで絆を深めた2人。150名のファンを前に、岩田は「お足元の悪いなか、皆さん本当にありがとうございます。この秋1番の純愛ラブストーリーになっています!」とにっこり。

パーフェクトワールド

お互いに関係性を深めていく上で、話し合ったことを聞かれると、岩田は「花ちゃんと年齢が9歳くらい違うんです。親子に見えないかな(笑)と、冗談ですが(笑)本当に、監督を含め3人で毎シーンのディスカッションをしながら微調整して撮影が進んでいった。ものすごく、かなりクリエイティブな感じで作品に携わらせていただきました」と明かした。

パーフェクトワールド

また、予告編などでも垣間見れる“デートシーン”について、岩田は「2人でソフトクリームを食べるシーンがあるんですが、いろいろなメニューがありましたね。“イナゴアイス”をスタッフさんたちと一緒に頼んで…シンプルなバニラアイスクリームに、イナゴが突き刺してある。結構な見た目でした!」とコメント。杉咲も「イナゴってバッタなんです…アイスにバッタが乗ってる…」と岩田と同じく“イナゴアイス”に衝撃を受けた様子だった。

パーフェクトワールド

“幸福の3つのシンボル”を終え、岩田は「いやぁ…最高ですね!」と満面の笑み。「こうして映画の幕開けをパーフェクトな皆さんと一緒に迎えられたこと、非常に嬉しいです。これから公開に向けてガンガン盛り上げていきたい」と会場を沸かせた。


漫画家・有賀リエの原作「パーフェクトワールド」を岩田剛典×杉咲花のW主演で実写映画化した本作は、“障がいのある恋”をテーマに描いた純愛ラブストーリー。突然の事故で下半身に障がいを持ち、車イス生活になってしまった建築士の主人公・鮎川樹を岩田剛典が演じ、初恋の先輩である樹を一途に想い、悩み、もがきながらも一緒に前を向いて生きていこうとするOL・川奈つぐみ役に杉咲花が扮する。

つぐみに想いを寄せる高校時代の同級生・是枝洋貴役に須賀健太、看護師として樹のリハビリを支え、今は生活まで支えているヘルパー・長沢葵役に芦名星、樹と高校時代より付き合っていたが、事故をきっかけに別れてしまった雪村美姫役に大政絢が扮する。監督を『流れ星が消えないうちに』などで知られる柴山健次が務める。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は10月5日(金)より全国公開

©2018「パーフェクトワールド」製作委員会 ©有賀リエ/講談社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

パーフェクトワールド 君といる奇跡

パーフェクトワールド 君といる奇跡

4.7
2018/10/05(金) 公開
出演
岩田剛典/杉咲花/須賀健太 /芦名星/マギー/大政絢/伊藤かずえ/小市慢太郎/財前直見 ほか
監督
監督:柴山健次/原作:有賀リエ