岩田剛典×杉咲花『パーフェクトワールド』週末動員ランキング実写邦画No.1の好スタート

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』が全国323館で公開され、初週土日(10月6~7日)の興行収入は1億1千738万800円で実写邦画第1位を獲得した。

パーフェクトワールド

観客層は、10~20代の女性がメインではあるが、30~40代、親子連れも数多く劇場に駆け付け、幅広い年齢層から支持を集めている。

SNSやレビューサイトでは、「大切な人をもっと大事にしたくなった」「想像以上に感動して、後半戦は涙が止まらなかった」「恋愛映画はあまり得意ではないけれど、これはとても心に響いた」「主演の2人の演技力の高さに驚かされた」「こんな素敵な恋がしたい」「とても幸せな気持ちになった」「中高生が観たら恋愛に憧れを抱き、大人が観たら主人公以外の家族や友達の立場としても共感できる。いろんな世代にいろんな感情を抱かせる良作!」「たくさんの人がみてほしい映画!」といった声が寄せられており、岩田剛典、杉咲花の人気だけでなく、試練を乗り越えて生きていく2人の強さに男女問わず全世代から共感を呼び、支持されていることがわかる。

また、E-girlsが歌う主題歌「Perfect World」の配信ではLINE MUSIC、レコチョク、dヒッツ、AWAの音楽配信サービスにて1位を獲得。来場者の満足度も高く、映画ランドの注目映画ランキング1位(ユーザーレビュー4.8点/5.0点)となり、初日から実施した顧客アンケートでも、「キュンとした」(93%)、「感動した」(93%)、「泣いた」(87%)、「前向きな気持ちになった」(95%)(バルク調べ)など、今後口コミが広がり、来場者数の伸びに大いに期待できる結果となった。


漫画家・有賀リエの原作「パーフェクトワールド」を岩田剛典×杉咲花のW主演で実写映画化した本作は、“障がいのある恋”をテーマに描いた純愛ラブストーリー。突然の事故で下半身に障がいを持ち、車イス生活になってしまった建築士の主人公・鮎川樹を岩田剛典が演じ、初恋の先輩である樹を一途に想い、悩み、もがきながらも一緒に前を向いて生きていこうとするOL・川奈つぐみ役に杉咲花が扮する。

つぐみに想いを寄せる高校時代の同級生・是枝洋貴役に須賀健太、看護師として樹のリハビリを支え、今は生活まで支えているヘルパー・長沢葵役に芦名星、樹と高校時代より付き合っていたが、事故をきっかけに別れてしまった雪村美姫役に大政絢が扮する。監督を『流れ星が消えないうちに』などで知られる柴山健次が務める。

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は全国公開中

©2018「パーフェクトワールド」製作委員会 ©有賀リエ/講談社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

パーフェクトワールド 君といる奇跡

パーフェクトワールド 君といる奇跡

4.7
2018/10/05(金) 公開
出演
岩田剛典/杉咲花/須賀健太 /芦名星/マギー/大政絢/伊藤かずえ/小市慢太郎/財前直見 ほか
監督
監督:柴山健次/原作:有賀リエ