『生きてるだけで、愛。』菅田将暉、趣里からストレッチ教わる 体の硬さは「“テディベア”みたいな」

映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台挨拶が20日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督が登壇した。

生きてるだけで、愛。

本作は、どうしようもない寂しさを抱え、自分をコントロールできない女・寧子と、他人と距離を置き本音で向き合おうとしない男・津奈木の2人を中心とした、過激で滑稽、そして切実な愛の物語。

主人公・寧子役に趣里、寧子の恋人・津奈木役に菅田将暉が扮するほか、津奈木の元恋人で寧子に津奈木と別れるよう執拗に迫る安堂役の仲里依紗に加え、田中哲司、西田尚美、織田梨沙、松重豊、石橋静河らが共演する。監督を、TOYOTA、資生堂といった企業CMや、AKB48やMr.ChildrenなどのMVなどを手掛けてきた映像ディレクター・関根光才が務める。

生きてるだけで、愛。

趣里との共演に、菅田は「楽しかったですよ!」とハニカミ。趣里も「菅田さんて、すごく自然体な方ですよね!このままでいてくれるので、一緒にいて楽しかったです」と笑顔を浮かべた。

現場で趣里にストレッチなどを教わったようで、菅田は「(体が)すっごい硬いから教わってました!(硬さは)テディベアみたいな」と明かしていた。

生きてるだけで、愛。

エキセントリックな役だけに、「とにかくセリフが長かった(笑)」と仲。撮り直しの効かないフィルムでの撮影も相まって「NG出せないし、セリフも長いからパニックで!でも、すごく身が引き締まって楽しかったです」と笑みをこぼす。

生きてるだけで、愛。

本作で描かれる「ほんの一瞬でも分かり合えたら」にちなんだエピソードを伺うと、菅田は「コンビニに入った瞬間に“愛が〜”って俺の曲が流れた」と、『さよならエレジー』が流れたことを吐露。続けて、「俺の曲かけたの、この人かな?って思った時に目があったんです(笑)いつのまにか曲に合わせてお互い動きも…ごめんなさい、ちょっと嘘つきました。有線かもしれないけど、シンクロではありましたね」エピソードを披露した。

仲は、夫である俳優の中尾明慶と「旦那さんが仕事終わる頃かな?と思って『終わった〜?』って連絡したのと同時に(中尾から)『終わった〜?』って。そういうのが結構あります!」と仲睦まじい様子をのぞかせた。

映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日(金)より全国公開

(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

4.4
2018/11/09(金) 公開
出演
趣里/菅田将暉/田中哲司/西田尚美/松重豊/石橋静河/織田梨沙/仲里依紗 ほか
監督
関根光才