『来る』岡田准一、中島組初参加も「“怖くて”台本を読み進められなくて…」

映画『来る』製作報告会見が23日、都内・ウェスティンホテル東京にて行われ、主演の岡田准一をはじめ、黒木華、小松菜奈、妻夫木聡、柴田理恵、プロデューサーの川村元気が出席した。

来る

第22回日本ホラー小説大賞にて大賞を受賞した澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を原作に、『告白』『渇き。』の中島哲也監督が映画化した本作。“得体のしれない脅威”が忍び寄る、王道の恐ろしさを持ち合わせながらも「今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる」という“人間の怖さ”も持ち合わせ、二重の恐ろしさを描き出す。主演の岡田准一をはじめ、妻夫木聡、黒木華、小松菜奈、松たか子が出演する。

来る

中島組初参加となる岡田は、オファーを受け「やっと中島さんとご一緒出来て嬉しかったです」と明かし、『告白』『渇き。』と中島組に続けての参加となる妻夫木は「中島監督が作る作品は毎回想像を超えてくるので、僕自身も新しい顔を見ることが出来るので、本当に嬉しかったです」とコメント。

“怖くて”台本が読み進められなかったという岡田。「ホラーが苦手なんです。(台本を読むのに)結構時間がかかりましたね。台本の完成度が本当に高くて面白いんですが、怖くて読み進められなくて…中島監督じゃなかったらやっていなかったと思います」と話した。

来る

本格的な共演は初という岡田と妻夫木。撮影中は「スケジュールがすごかったので『昔の“土9”みたいだよね!』とか、懐かしい話をしていました」と会話をしたりと、会見中も思い出し笑いをするなど仲睦まじい様子をのぞかせた。

また、妻夫木は「同い年なんですが、未だに岡田くんが敬語を使ってくるんですよ…まだ壁があるな…」と嘆き。岡田は「年下にも敬語使いますよ(笑)タメ口にしますか!」と誓っていた。

来る

一方、『散り椿』に続いての共演となった岡田と黒木。岡田は「あまり同じシーンはなかったんですが、本気出してました!入れ替わりですれ違った時に“よっしゃ!やってやったぜ!”みたいな(笑)ブンブン腕を振り回してて(笑)良いシーン撮ったんだなって」と暴露。黒木は「充実はしてたんですが、気合を入れていただけで(笑)“やってやったぜ!”とは思ってないです(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

映画『来る』は12月7日(金)より全国東宝系にて公開

©2019「来る」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

来る

来る

0.0
2018/12/07(金) 公開
出演
岡田准一/黒木華/小松菜奈/松たか子/妻夫木聡/青木崇高/柴田理恵/伊集院光/太賀 ほか
監督
監督:中島哲也/原作:澤村伊智