趣里が菅田将暉にブチ切れ!?喧嘩シーン捉えた『生きてるだけで、愛。』本編映像

本谷有希子の同名原作を、趣里主演で映画化した『生きてるだけで、愛。』の本編映像が解禁となった。

生きてるだけで、愛。

解禁となったのは、趣里演じる主人公の寧子と、菅田将暉演じる津奈木、恋人同士のすれ違いシーンだ。

鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子は、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる彼氏・津奈木と3年同棲中。一日中家にいながら家事もせずに、敷きっぱなしの布団で寝てばかりいる。対する津奈木は、メンタルが不安定な寧子に理不尽な感情をぶつけられようとも静かにやり過ごし、毎日出勤しては彼女へ弁当を買って帰る日々。やがて寧子は、突如現れた津奈木の元カノ・安堂(仲里依紗)や、新たに始めたバイト先の人々と関わることで、心情に変化が訪れていく。

生きてるだけで、愛。

だが、寧子が一番話を聞いてほしいはずの津奈木は、疲労とストレスが限界寸前で相槌しか打つことができない。そんな津奈木の事情を知る由もない寧子は、「“うんうん”ばっかじゃん!」と思わず激怒。普段ならなんとなく謝って場を収める津奈木も、この時ばかりは疲れきった冷たい視線を寧子に向けてしまう。

生きてるだけで、愛。

相手の事情はおかまいなしに自分の近況を話し続ける彼女と、会話相手にもなれず悪化した空気をフォローする気も起きないほど疲弊している彼氏。その存在感から個性派として人気急上昇中の女優・趣里と、名実ともに若手を代表する俳優・菅田将暉の2人が生み出す、日常におけるカップルのリアルなすれ違い描写が必見のシーンとなっている。

一見すると完全に破綻している寧子と津奈木が、「ほんの一瞬だけでも、分かり合うこと」の尊さを見出していく姿が描かれていく本作。監督の関根光才は、この映画を「いわゆる恋愛の話にしてはダメだと思った」と語っている。

映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日(金)より全国公開

(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

4.4
2018/11/09(金) 公開
出演
趣里/菅田将暉/田中哲司/西田尚美/松重豊/石橋静河/織田梨沙/仲里依紗 ほか
監督
関根光才