期間限定、終わりが迫る切ない恋の行方── 登坂広臣×中条あやみ『雪の華』予告編の見どころ紹介

登坂広臣×中条あやみが共演するラブストーリー、2019年2月1日(金)より公開される映画『雪の華』予告編の見どころをご紹介。

雪の華

中島美嘉の名曲「雪の華」を映画化した本作。登坂広臣×中条あやみが共演し、フィンランドでの長期ロケを敢行した。登坂が演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔。中条が演じるのは、幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地<フィンランド>に行くことを夢見る平井美雪。監督を『orange-オレンジ-』『羊と鋼の森』で知られる橋本光二郎が務め、脚本を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』「ひよっこ」など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和が担当する。

悠輔と美雪の2人のどこかぎこちなく、初々しいデートシーンの数々


雪の華

本作の監督である橋本光二郎はこのシーンについて、「一見怖そうな男子のダメな部分が垣間見えて、可愛いと感じたり、徐々にカッコいい顔が見えたり。お客さんが美雪に感情移入して、登坂広臣という役者と出会い直し、美雪と同じように彼と恋に落ちればいいなと思います。」と語り、本作でも見逃せない場面の1つになっている。

本編の1/2を撮影した、随所に映し出される夏と冬のフィンランドの息をのむほどに美しい景色


雪の華

夏のカラフルな景色に加えて、冬のフィンランドの一面の銀世界も必見。雪の中を駆け抜ける体当たりの演技を披露している登坂は、「過酷な撮影になりましたが、フィンランドならではの画をとることができました。走るシーンは、カメラが回っているときは平気だったんですが、終わってみたらめちゃめちゃ寒くて(笑)ただ大変だった分、すごくいいシーンになっていると思います。」と太鼓判。また「中条さんやスタッフの皆さんと話しあいながら撮影をすすめられたのが大きかったですね」と信頼を寄せた。

「頑張ったんだよ、私。一生分頑張った」余命が迫る美雪の、切ない想いに涙


雪の華

余命宣告をされて、人生最初で最後の恋と決めていた美雪。デート中も気丈に振る舞い常に笑顔を絶やさない彼女だったが、家に帰ると胸をおさえて苦しそうな場面も。さらに予告の後半では、目に涙をいっぱいにためて、母親抱きつくシーンが。中条は「自分が出演した映画を見て涙が出るのは久しぶり」と語り「美雪は今まで演じたことがないキャラクターで難しい部分もありましたが、登坂さんはすごく優しい方で、私が悩んでいるときもいつも悠輔でいてくれたのが本当にありがたかったです。」と撮影を振り返った。美雪の切ない涙の訳とは?さらに、手紙を手に、橋の上で叫ぶ悠輔の迫真の演技にも注目だ。

映画『雪の華』は2019年2月1日(金)より全国公開

(C)2019映画「雪の華」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

雪の華

雪の華

3.8
2019/2/01 (金) 公開
出演
登坂広臣/中条あやみ/高岡早紀/浜野謙太/箭内夢菜/田辺誠一 ほか
監督
橋本光二郎