『ファンタビ』“公開3日間”で動員100万人突破、前作超えの勢いで大ヒットスタート

11月23日(金・祝)より全国359館、1008スクリーンの特大規模で日本で公開を迎えた映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が大ヒットスタートを切った。

ファンタスティック・ビースト

映画公開を直前に控えた先週11月21日(水)~11月23日(金)には、エディ・レッドメイン、ジュード・ロウら豪華メインキャストが来日。日本のファンのために、ワールドツアーファイナルプレミア、スペシャルファンナイト、初日舞台挨拶と3日間にわたる豪華来日ツアーを実施。日本中を「ファンタビ」一色に染め上げる大盛り上がりとなった。

迎えた公開では、11月23日(金)より11月23日(金)~11月25日(日)の3日間で観客動員100万793人、興行収入14億7193万4500円を記録。前作は5日間だったが本作では3日間という、2日も早いスピードでの100万人突破となった。初日の興行収入は興行収入6億1792万6800円となり、大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の初日の興行収入:5億9791万9300円を超え、2018年公開作品の金曜日公開初日興行収入No.1に。2018年冬興行一番の話題作として、最終興行収入100億円超えも十分に狙える圧倒的な大ヒットスタートを切った。

また、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」以降、魔法ワールド6作品の監督を務める本作の監督デイビッド・イェーツ監督作品としても、興行収入96.7億円を記録した「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を超える、日本での史上最高のオープニングとなった。世界興行でも2週連続No.1を記録。既に80か国で公開となり、世界的興行収入は500億円に到達も目前となっている。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日(金・祝)より全国公開

(C) 2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

4.3
2018/11/23(金) 公開
出演
エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/アリソン・スドル/ダン・フォグラー/エズラ・ミラー/クラウディア・キム/ジュード・ロウ/ジョニー・デップ ほか (日本語吹き替え) 宮野真守/伊藤静/間宮康弘/遠藤綾/武藤正史/森川智之/平田広明/森なな子/江口拓也/大地葉 ほか
監督
監督:デイビッド・イェーツ/原作:J・K・ローリング