“怖がり”で有名?岡田准一、『来る』撮影中の恐怖体験を告白「神聖な鏡を…」

映画『来る』怖がり屋さん限定プレミア試写会が27日、都内・秋葉原UDXシアターにて行われ、岡田准一、小松菜奈が出席した。

来る

第22回日本ホラー小説大賞にて大賞を受賞した澤村伊智による小説「ぼぎわんが、来る」を原作に、『告白』『渇き。』の中島哲也監督が映画化した本作。“得体のしれない脅威”が忍び寄る、王道の恐ろしさを持ち合わせながらも「今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる」という“人間の怖さ”も持ち合わせ、二重の恐ろしさを描き出す。主演の岡田准一をはじめ、妻夫木聡、黒木華、小松菜奈、松たか子が出演する。

来る

映画の完成が「本当にギリギリだった」と明かす岡田。「最近出来上がって、『その日に出来なければ(公開に)間に合わない』っていう最終日に出来上がったみたいです。全国公開できなくて(映画が)“来な〜い”になってたかもしれないですね(笑)」と笑いをさらった。

作品を観て「中島さんの作品に出させていただくことができてラッキーだなと思いました。だいぶ包んで“クレイジー”だなと。良い意味で“クレイジー”だなって思う作品ですね」とコメント。小松も「目まぐるしくて強烈な映像を観た気分です。言葉で表すのは難しいんですけど…変態なんじゃないかなって!良い意味で(笑)」とにっこり。岡田は「“良い意味”でね!変態でしたね〜(笑)」と笑みをこぼしていた。

来る

小松は、『渇き。』以来のタッグとなった中島監督から「たくさん言われました!『青春映画のやりすぎだ!』『そんな芝居はここでしなくていい!』とか(笑)」と愛のある怒号を浴びたと明かす。岡田も「(セリフを)噛んだ時に、『賞とってるんでしょ!?なんで噛むの?』ってディスられたり(笑)全員が中島監督が思い描いているものを探しながらやっていた感じですね」と撮影を振り返った。

来る

また、「台本が怖くて読み進められなかった」「シャワー浴びるのが怖い(笑)」などと、“怖がり”で有名?な岡田。ホラー映画などは大丈夫だが、「自分が体験するような怖さはいや。お化け屋敷とかは苦手ですね」と小松が話すと、岡田は「お化け屋敷好きじゃないですね〜。『なんで驚かすんだ!』って思っちゃう(笑)あと、急に距離を詰められるのも嫌。クッて掴みにいっちゃいそう」と告白していた。

映画の撮影中に起こった恐怖体験について話が及ぶと、小松は「金縛りにあいました」と告白。続けて、「寝ていて…下から這い上がってくる感じがした。そういうのは目を開けちゃいけないっていうじゃないですか。だから、頑なに目を閉じてました。すごく重かった。誰かが乗っかってきたような感じ。金縛りにあったの初めてでしたね」と明かす。

岡田は「松(松たか子)さんがお祓いするシーンで、鏡が出てくるんですね。その鏡は、どこかで大切に使われていた神聖なものらしくて…僕はそれを投げなきゃいけなかったんです!撮影といえど、そんな神聖な鏡を投げろって(笑)スタッフさんが毛布を構えてるんですが、そっちを見て安全に投げられないんですよね。壊さないように投げるのが不安で…(笑)怖かったですね」とエピソードを披露した。

映画『来る』は12月7日(金)より全国東宝系にて公開

(C)2019「来る」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

来る

来る

3.2
2018/12/07(金) 公開
出演
岡田准一/黒木華/小松菜奈/松たか子/妻夫木聡/青木崇高/柴田理恵/伊集院光/太賀 ほか
監督
監督:中島哲也/原作:澤村伊智