『ファンタビ』“公開7日間”で興収20億突破、4D上映や吹替版も大好評!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開7日間で興行収入20億円を突破した。

ファンタスティック・ビースト

11月23日(金・祝)より全国359館、1008スクリーンで封切となった本作。全国津々浦々、10〜20代の女性を中心に、子連れのファミリーやカップル、往年の映画ファンなど、老若男女、非常に幅広い層が来場。73.4億円の大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の初日の数字を大きく上回るロケットスタートとなり、平日も高い数字での推移となったことから、早くも公開から7日間で20億円(20億3799万6000円)、動員は140万人(140万1797人)を突破した。

80か国での公開も絶好調となっており、全世界興行収入も大幅に続伸。BOX OFFICE MOJOの調べによると、11月28日の時点で、約526億円(※526億1003万3760円/4億6557万5520ドル/1ドル=113円換算)となり、500億円を突破した。

数字が続伸しているのは、リピーターが続出していることも大きな要因となっている。字幕版、吹き替え版、3D、4D、IMAXや、本作がこけら落としとなった最新システムIMAXレーザー、正面だけでなく左右両側にも本編映像が投影される3面上映システムScreenXなど、ありとあらゆる多彩なバージョンでの鑑賞ができることから、複数バージョンを観るために劇場に訪れるリピーターが続出。

アトラクション向きとなっている作品内容から、4Dなどの特別な環境での鑑賞者が多く、チケットが完売する劇場が多数出るなど好評となっている。映画サイトやSNSの投稿には、「今日5回目、IMAX行ってくる」「グリンデルバルドのシーン、最っ高にかっこよかった。平田さんかっこよすぎ!」「字幕に続いて吹き替え版も観てきたけど、最高だわ。」と字幕と吹き替え両方観たコメントも多数挙がっているほか、「4Dやばい!風すごい!映画の中に完全に入ってた。」「4Dすごい!映画みながらアトラクションに乗ってるみたい!」と、4Dのアトラクション感が大好評となっている。

また、クリーデンス役の俳優エズラ・ミラーが自身が敬愛するコミコンの日本版“東京コミコン”のゲストとして来日中。先週のキャスト来日に続き、魔法ワールドの熱気はまだまだ冷めることはなさそうだ。映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、全国大ヒット上映中。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は大ヒット公開中

(C) 2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K. Rowling

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

4.3
2018/11/23(金) 公開
出演
エディ・レッドメイン/キャサリン・ウォーターストン/アリソン・スドル/ダン・フォグラー/エズラ・ミラー/クラウディア・キム/ジュード・ロウ/ジョニー・デップ ほか (日本語吹き替え) 宮野真守/伊藤静/間宮康弘/遠藤綾/武藤正史/森川智之/平田広明/森なな子/江口拓也/大地葉 ほか
監督
監督:デイビッド・イェーツ/原作:J・K・ローリング