J・マカヴォイとA・ヴィキャンデルが情熱的な恋に落ちる、『世界の涯ての鼓動』予告編

『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』の名匠ヴィム・ヴェンダース監督最新作『世界の涯ての鼓動』が8月2日(金)より公開される。この度、予告編と場面写真が解禁となった。

世界の涯ての鼓動

ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニーとジェームズ。2人は別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気づく。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。

生物数学者のダニーには、『リリーのすべて』でアカデミー賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。MI-6の諜報員ジェームズを、『X-MEN』シリーズで人気を博し、『スプリット』『ミスター・ガラス』で注目を集めたジェームズ・マカヴォイが演じる。地球の果てまでもとらえる壮大な映像美と、人間の心の涯てまでを追いかけるエモーショナルなストーリーで、世界中から敬愛されている名匠ヴィム・ヴェンダースが、狂おしくも切ない極限下のラブサスペンスを描く。

世界の涯ての鼓動

予告編では、ジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)とダニー(アリシア・ヴィキャンデル)が、互いを運命の相手だと確信する重要なシーンや、ダニーが挑む前人未踏の深海、そしてMI-6の任務でジハード戦士と対するジェームズの緊迫のシーンが切りとられている。

世界の涯ての鼓動

また、予告のナレーションを担当したのは、『X-MEN』シリーズや『スプリット』等のジェームズ・マカヴォイの吹き替えを担当し、その他過去作に『きみに読む物語』『ドライヴ』『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングの声や『インセプション』『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオの吹き替え等で知られる、吹替え声優で舞台俳優の内田夕夜。まるでマカヴォイ自身の心の声であるかのような内田氏のナレーションが、2人を待ち受ける切ない運命と、映画で描かれる永遠の絆を予感させる予告編となっている。

映画『世界の涯ての鼓動』は8月2日(金)より全国順次公開

(C)2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

世界の涯ての鼓動

世界の涯ての鼓動

3.5
2019/8/02 (金) 公開
出演
ジェームズ・マカヴォイ/アリシア・ヴィキャンデル ほか
監督
ヴィム・ヴェンダース