星野源、高畑充希らが大合唱!“引っ越し唄”歌う『引っ越し大名!』本編映像、野村萬斎が振り付け担当

8月30日(金)公開の映画引っ越し大名!』より、星野源、高畑充希らが唄う映画オリジナル曲“引っ越し唄”の本編映像が解禁となった。

引っ越し大名!

この楽曲は脚本開発中に犬童一心監督のアイディアによって生まれた映画オリジナルのもの。歌詞を原作者であり脚本を担当した土橋章宏が制作、振り付けを犬童監督の『のぼうの城』で主役を務めた日本が誇る狂言師・野村萬斎が担当している。

解禁されたシーンは姫路から大分へ引っ越し道中のシーンだが、引っ越し唄は準備パートから出発パート、道中パートとストーリーの過程で引っ越しの進み具合とリンクしながら所々で聴くことが出来る。道中のシーンは夏に差し掛かった季節に撮影していたということもあり、大変過酷な現場だったそうで、星野源もこの撮影に関して「朝から晩まで一日中撮影していて、角度を変えて何度も何度も撮影したので、非常に過酷でした」と当時を振り返っている。


「超高速!参勤交代」シリーズなどで知られる作家・土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を原作とする本作は、生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、参勤交代をはるかに上回る莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、あらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語を描く。

主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介役に星野源、春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番・鷹村源右衛門役に高橋一生、前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する於蘭(おらん)役に高畑充希が扮する。監督は、『のぼうの城』で豊臣秀吉に立ち向かった500人の軍勢を圧倒的なスケールとユーモラスな人物像で描き注目を集めた犬童一心が務める。

映画『引っ越し大名!』は8月30日(金)より全国公開

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

引っ越し大名!

引っ越し大名!

4.0
2019/8/30(金) 公開
出演
星野源/高橋一生/高畑充希/及川光博/濱田岳/小澤征悦/西村まさ彦/松重豊/富田靖子/向井理 ほか
監督
監督:犬童一心/原作・脚本:土橋章宏