トム・ホランド版スパイダーマン、MCUから離脱へ

    トム・ホランドが主演を務める「スパイダーマン」シリーズが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)から離脱することが決定的となった。The Hollywood Reporterなどが報じている。

    スパイダーマン
    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 (C)2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

    今後、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にトム・ホランド版スパイダーマンは登場せず、これまでリードプロデューサーを務めてきたマーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが「スパイダーマン」シリーズに関与しないことが決定づけられ、スパイダーマンはソニー・ピクチャーズの下で独自の道を辿ることになる。

    ソニー・ピクチャーズの声明によれば、ディズニーが21世紀FOXを買収したことで、新たに獲得したマーベルキャラクターの映画化で多忙を極めるファイギ社長が、「スパイダーマン」シリーズに関わることができなくなったために、MCUにおいてもスパイダーマンを登場させられなくなったという。

    これまで、ファイギ社長がリードプロデューサーを務め、MCU作品として『スパイダーマン:ホームカミング』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の同シリーズ2作品に加え、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』の5作品がプロデュースされてきた。

    だが、The Hollywood Reporterによれば、ソニー・ピクチャーズとディズニーの交渉が決裂したことで、トム・ホランドが続投する残り2作品の「スパイダーマン」シリーズでは、ケヴィン・ファイギが関与しないだけでなく、MCUからも離脱し、ソニー・ピクチャーズの持つ権利内で映画を作ることになるという。

    参考:https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/sony-fires-back-at-marvel-spider-man-movie-divorce-1233490

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で