『サイダーのように言葉が湧き上がる』市川染五郎がサプライズに喜び、映画初主演&声優初挑戦「感動して心が温まる良い作品」

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、市川染五郎、杉咲花、イシグロキョウヘイ監督が出席した。

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。本作は、何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。

主人公のチェリー役に、初映画・初声優・初主演となる八代目 市川染五郎。ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれらが脇を固める。監督を、「四月は君の嘘」「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイが務める。

チェリー役の染五郎は映画初出演で初主演&声優初挑戦。完成作品に「感動して心が温まる良い作品」と太鼓判で「自分は映画出演も声優も今回が初挑戦だったので、アフレコには不安があったけれど、お客様にどんな反応をもらえるのかが今は楽しみ」と公開に期待を寄せる。

スマイル役の杉咲も「元気をもらえる映画。音楽も楽しく、映像もポップでカラフル。全体的にポジティブな映画。観客のみなさんにはポジティブなパワーを受け取ってもらえると思います」と思いを明かした。「動画配信だったりSNSだったり、現代ならではの描写も多く、いいね!などのフォローを通して相手に思いを伝えていくという描写は若い方に身近に感じてもらえると思います」と現代的な共感ポイントの多さを挙げた。

完成まで4年半の歳月をかけたという劇場映画デビューのイシグロキョウヘイ監督は「原作モノではないオリジナルですから、ゼロから生み出すわけです。すると作っている最中に立ち返るのは自分自身でした。自分の中にある作家性は滲み出ざるを得ないくらいねじ込みましたし、すべてを注いだと嘘なく言えます」と完成に胸を張った。

三谷幸喜が演出を手掛け、染五郎が出演もした歌舞伎『月光露針路日本風雲児たち』をきっかけにイシグロキョウヘイ監督からオファーを受けたという染五郎は「三谷さんの歌舞伎は、自分の中で大切な舞台です。そこでは色々なことを思ったし、沢山成長も出来ました。そこから声優という今までとは違う挑戦に繋がったことは嬉しい」と奇縁に笑顔も、自身の声については「あまり好きではありません…」と苦笑いだった。

父親・十代目 松本幸四郎や母親もすでに作品を観ており、その反応について染五郎は「父は良かったと言ってくれました。母は泣いたと言っていましたが、それは僕のお芝居ではなくて、作品で泣いたということだと思う」と照れながら報告した。

この日は3月27日に15歳の誕生日に迎える染五郎にサプライズで、大好きなアーティストであるマイケル・ジャクソンをモチーフにした特大ベアブリックのフィギュアとチェリーがしていたものと同じモデルのヘッドフォンがプレゼントされた。これに染五郎は「部屋に飾りたいと思います」と驚きつつも感謝の弁。今月中学を卒業し、4月から高校に進学するが「数学が苦手なので、数学を頑張りたい」と等身大に抱負を語り、イシグロキョウヘイ監督から「返答がカワイイね!」とその無邪気さをイジられていた。

最後に染五郎は「10代の方にはもちろんのこと、大人の方々にも当時を思い出しながら懐かしんで観てほしい」と作品をアピー ルし、杉咲も「すがすがしい気分で映画館を出てもらえるようなポジティブで素敵な作品。それと同時に心に温かい光が灯されたような優しい気持ちにもなれる作品です」とメッセージ。イシグロキョウヘイ監督は「ポジティブになれるようにと願いながら作った作品なので、観てくれた方にもポジティブが伝われば。世界がポジティブで回るよう、この映画が多くの方々に届くことを願っています」と思いを込めていた。

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は5月15日(金)より全国公開

(C)2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる

--
2020/5/15(金) 公開
出演
声の出演:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一/井上喜久子 ほか
監督
イシグロキョウヘイ