『シン・エヴァンゲリオン劇場版』前作超え目前の大ヒット、入場者特典のビジュアルカード配布も決定

大ヒット公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が累計興行収入50億円突破が確実な見込み。

エヴァンゲリオン

1995年のTVシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。2007年からは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再始動し、『:序』『:破』『:Q』の3作が公開されて大ヒットを記録。常に新しいファンを獲得し、幅広い層から支持を受けている。

公開から2度目の週末となった、3月20日(土・祝)・21日(日)2日間の成績は興行収入6億7939万200円、観客動員数42万3398人を記録。公開初日からの14日間累計で興行収入49億3499万6800円、観客動員数322万2873人となり、本日にも累計興行収入50億円突破が確実な見込みとなっている。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年公開、最終興収:53億円)の公開から14日間との比較は興行収入対比148.8%、観客動員対比136.0%と、『エヴァンゲリオン』シリーズ作品の興行成績において、公開からの成績は常に最高記録を更新中。早くも最終興収の最高記録である『:Q』(53億円)超え目前となり、春休みに向けて更なる弾みをつけた大ヒットを続けている。

エヴァンゲリオン

また、3月27日(土)からは公開中ポスターのビジュアルを基とした、入場者特典『シン・ポスタービジュアルカード』(A5サイズ/全国合計100万名様)の配布も決定。3月27日(土)より公開の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』上映館で、本作を鑑賞された方1名につき1枚の配布となる。3月28日(日)には来場御礼舞台挨拶と題して、1997年以来となるキャスト登壇による舞台挨拶(&全国334の映画館への生中継)も決定している(https://www.evangelion.co.jp/news/stgr/)。

シン・エヴァンゲリオン劇場版』は大ヒット公開中

(C)カラー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

シン・エヴァンゲリオン劇場版

シン・エヴァンゲリオン劇場版

4.7
2021/3/8(月) 公開
出演
声の出演:緒方恵美/林原めぐみ/宮村優子/坂本真綾/三石琴乃/山口由里子/石田彰/立木文彦/清川元夢/関智一/岩永哲哉/岩男潤子/長沢美樹/子安武人/優希比呂/大塚明夫/沢城みゆき/大原さやか/伊瀬茉莉也/勝杏里/山寺宏一/内山昂輝/神木隆之介
監督
総監督:庵野秀明/監督:鶴巻和哉/中山勝一/前田真宏