『シン・エヴァンゲリオン劇場版』緒方恵美ら豪華声優陣が集結!エヴァシリーズ24年ぶり舞台挨拶

シン・エヴァンゲリオン劇場版』大ヒット御礼舞台挨拶が28日、都内・新宿バルト9にて行われ、緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、岩永哲哉、岩男潤子、長沢美樹、優希比呂、伊瀬茉莉也、勝杏里、山寺宏一が登壇した。

エヴァンゲリオン

本作の大ヒットへの御礼、そして長らく応援し続けているファンへの感謝の気持ちを伝えるべく、緒方恵美(碇シンジ役)、林原めぐみ(アヤナミレイ[仮称]役)、宮村優子(式波・アスカラングレー役)、三石琴乃(葛城ミサト役)、山口由里子(赤木リツコ役)、石田彰(渚カヲル役)、立木文彦(碇ゲンドウ役)、岩永哲哉(相田ケンスケ役)、岩男潤子(鈴原ヒカリ役)、長沢美樹(伊吹マヤ役)、優希比呂(日向マコト役)、伊瀬茉莉也(北上ミドリ役)、勝杏里(多摩ヒデキ役)、山寺宏一(加持リョウジ役)ら計14名の日本を代表する豪華声優陣が集結。1997年以来、『エヴァンゲリオン』シリーズとしては実に24年ぶりとなる舞台挨拶となる。

冒頭に緒方(碇シンジ役)は「24年前の旧劇場版の舞台挨拶をして以来、新劇場版では一度もキャストの舞台挨拶はありませんでした。24年ぶりで、そしてこれだけのメンバーが揃うのは最初で最後かと思います。楽しんでいってください」と挨拶。また、本作を鑑賞して「『:破』くらいからバラバラに収録することが多く、今回は本当にみんなバラバラに収録していたので、どういう芝居をしていたのかよくわかりませんでした(笑)それがこうなっていたのかと、完成版は皆様と同じような気持ちで観ていました。とにかく全てのクリエイター、スタッフの皆様に『お疲れ様でした』と言いたいです」とコメントした。

アヤナミレイ[仮称]役の林原は「2時間35分、長い長い本編を見終わり、長い長いエンドテロップを見ながら、これだけの方々が集結した映画なんだと、改めて感慨深い思いでした。30代以降の方々はここが一つの終わりであり、10代の方々にとってはここが入り口なのかもしれない。無限ループを漂う方も、一度抜けて帰ってくる方も『エヴァンゲリオンという世界がここに存在していたんだな』ということを噛み締める思いです」と感慨深く語った。

また、宮村(式波・アスカラングレー役)は「昔、エヴァンゲリオンが社会現象になった頃に、エヴァンゲリオンの謎をまとめた考察本があり、それを私も読んでいました。今回も色々と自分で考察したり、インターネットで皆さんの考察を見たり聞いたりして、『こうだったんだ!』とまだまだ発見がありもう一度観に行きました。『これがエヴァンゲリオンの楽しみ方なんだ』と思い、最後の完結編でも何度も面白い思いをしています。皆さんもいっぱい楽しんでもらえたらいいなぁ」と感想を明かした。

葛城ミサト役の三石は、本作を観て「人物の気持ちにグッと迫るものがあり涙しました。その他の細かい設定、この世界が今どうなっちゃってるんだろうと、未だにわからないまま(笑)葛城ミサトとして一生懸命頑張りました!今日はみんなと一緒にいられて本当に幸せです」と笑みをこぼす。山口(赤木リツコ役)も「台本を読んだ時は30分くらい泣いていました。その時よりもさらにさらに、動けないくらい感動しました。素晴らしい芸術作品。アニメを超えた芸術作品。出会えて良かったと、色々な方に感謝しています。(映画館での)上映が終わった後、ブワッと拍手が起こったことは一生忘れません」としみじみ振り返った。

渚カヲル役の石田は、「この作品を観終わった後に、この作品に翻弄されました。それは一種の“異様”とも思える映像を見せられました」と話し、「あるシーンでゲンドウがシンジに言った言葉に『お前が言うな!!』と思いました!」と声を上げ、キャスト陣の笑いをさらった。立木(碇ゲンドウ役)も「これまでの皆さん(キャストや製作陣)の“努力の結晶”が全てのシーンにあらわれている。全ての役に愛があり、全てのキャラクターが好きになりました。それくらい思い入れが強い。庵野(秀明)監督と同世代でこの映画に到達するまで一緒にやれて、一つの区切りをつけられたのは僕にとってのビューティフルワールドですね!」と語った。

岩永(相田ケンスケ役)は、『:破』以来の同役での登場に。観終わった後の感想として「とんでもない映画ができてしまった」と言い、「メカニック的な動き、人の表情、こんなところでこんな音楽を使うのかと。びっくりしました。本当に素晴らしい作品ができたと思います」とコメント。鈴原ヒカリ役の岩男も「“泣きじゃくる”に近い形で鑑賞しました。庵野監督の温かい気持ちや優しさが随所に散りばめられていて、『みんな幸せになるんだよ』というメッセージが込められているようで、すごく優しい気持ちになりました」と明かした。

長沢(伊吹マヤ役)は、「庵野監督が『美しいだけのものは魅力に感じない』『どこか欠けている存在の方が魅力を感じる』とおっしゃっていたことがあって、伊吹マヤというキャラクターは、エヴァンゲリオンという特殊な世界で嵐のような個性的なキャラクターの中に、すごく整った存在だったんじゃないかなと思います。物語が進んでいくうちに、その整ったところを無理やり壊されるような瞬間がたくさんあった。そこが庵野監督が大事にされているところの一端だったのかなと、振り返ると改めて思いました」とコメントした。

日向マコト役の優希は「特に今回、複雑な人間関係が散りばめられている。難しいセリフが多いのですが、抜き撮りでここまで出演者が完璧にできたことは、観ていて『なんてすごい声優たちなんだろう』と芝居に感動しました。よく(目の前に)相手がいなくてこのセリフを言えるなと」と、声優たちの見事な競演に感動した様子。伊瀬(北上ミドリ役)、勝(多摩ヒデキ役)もそれぞれ「最終章に関わることができて本当に光栄。完成した作品を観たときは、涙が止まらなかった。庵野監督の作品への愛、キャラクターへの愛、そしてキャラクター同士の愛をすごく感じられて、とても感動しました」(伊瀬)、「作品への感動はもちろん、10代の頃から一ファンとして見ていた作品にまさか自分が携わることができたこと、それが最期を迎えられたことにすごく感動しています」(勝)と言葉を残した。

加持リョウジ役の山寺は、本作を観て「出ててよかったなぁと素直に思いました」とこぼし、「庵野さん、たくさんのスタッフさんたちが命を削って作った。世の中にたくさんのエンターテイメント作品がある中で、どれとも違う唯一無二の存在、エヴァンゲリオン。我々声優は作品との出会い、キャラクターとの出会いがほぼ全てと言ってもいいくらいで、長くこの作品と加持リョウジという役に携わらせてもらって、代表作といわれると加持リョウジと『アンパンマン』のチーズくらいです(笑)2つの作品とキャラクターに本当に感謝したい」と想いを綴った。

シン・エヴァンゲリオン劇場版』は大ヒット公開中

(C)カラー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

シン・エヴァンゲリオン劇場版

シン・エヴァンゲリオン劇場版

4.7
2021/3/8(月) 公開
出演
声の出演:緒方恵美/林原めぐみ/宮村優子/坂本真綾/三石琴乃/山口由里子/石田彰/立木文彦/清川元夢/関智一/岩永哲哉/岩男潤子/長沢美樹/子安武人/優希比呂/大塚明夫/沢城みゆき/大原さやか/伊瀬茉莉也/勝杏里/山寺宏一/内山昂輝/神木隆之介
監督
総監督:庵野秀明/監督:鶴巻和哉/中山勝一/前田真宏