大貫妙子、ネバヤンの書き下ろし曲も収録!『サイダーのように言葉が湧き上がる』オリジナルサウンドトラック発売

7月22日(木・祝)より公開のアニメーション映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』のオリジナルサウンドトラックが、公開前日の7月21日(水)発売されることが決定した。

サイダーのように言葉が湧き上がる

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。主人公のチェリー役に、初映画・初声優・初主演となる八代目 市川染五郎。ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれらが脇を固める。監督を、「四月は君の嘘」「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイが務める。

サイダーのように言葉が湧き上がる
『サイダーのように言葉が湧き上がる』オリジナルサウンドトラック展開図

音楽とは切っても切り離せない本作の劇伴を手がけたのは、アーティスト活動もさることながら映画音楽の名手としても知られる牛尾憲輔。クライマックスを飾る劇中歌「YAMAZAKURA」を手掛けたのは日本ポップミュージックにおける女性シンガー・ソングライターの草分け・大貫妙子。新曲を本作のために下ろした。

本作と同タイトルの主題歌「サイダーのように言葉が湧き上がる」を今注目のバンドnever young beachが書き下ろしで手掛け、日本のシティ・ポップの歴史をなぞるようなアニメと音楽のコラボレーションが実現した一作となっている。サウンドトラックにも期待が高まっている。初回限定版は7インチジャケット仕様。レコードが重要アイテムとして登場する本作らしくCDながらレコードを思わせる可愛らしいデザインにも注目だ。

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は7月22日(祝・木)より全国公開

(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる

4.0
2021/7/22(木・祝) 公開
出演
声の出演:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一/井上喜久子 ほか
監督
イシグロキョウヘイ