日本中のワイスピファミリーが熱狂!最新作が週末ランキングV2達成、今年公開の洋画で初の興収20億突破!

8月6日(金)より公開を迎えた「ワイルド・スピード」シリーズ最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が2週連続で週末ランキングNo.1を獲得。今年公開の洋画では初となる興行収入20億円を突破した。

ファンからの熱い期待と注目が注がれるなか、先週満を持して公開を迎え、週末ランキングで堂々のNo.1大ヒットスタートを切った本作。待ちわびた日本のワイスピファミリーの熱は公開2週目も収まるところを知らず、8月13日(金)~8月15日(日)の3日間で観客動員数366,407人、興行収入572,150,670円を稼ぎ出し、2週連続で驚異のNo.1大ヒットを記録。観客動員数140万人&興行収入20億円を突破し、日本中のワイスピファミリーのワイスピ愛と熱狂っぷりを証明する結果となった。

先週の公開に引き続き、ワイスピならではの規格外カーアクションをスクリーンで体感しようと劇場に多くの観客が足を運んでいる本作ですが、IMAX、MX4D、4DX、ドルビーシネマなどのラージフォーマットで鑑賞した方からは「ワイスピの4Dやばすぎ!アクションを肌で感じれてよかった!もう一回観たい!」、「ワイスピと4DXの相性良い!アクションも臨場感あるし、熱風も感じた!」、「ワイスピ、IMAXで最高!迫力のある音響と映像が良かった!」「ドキドキとまらねぇ」とアトラクション感満載の体験に魅了され、さらにはリピート欲をそそられたという感想が続出。IMAXは、冒頭に「ジュラシック・ワールド」シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』の特別映像が上映されることでも話題になっている。

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は大ヒット公開中

(C)2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ワイルド・スピード/ジェットブレイク

ワイルド・スピード/ジェットブレイク

3.4
2021/8/6(金) 公開
出演
ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス/タイリース・ギブソン/クリス・“リュダクリス”・ブリッジス/ジョン・シナ /ジョーダナ・ブリュースター/ナタリー・エマニュエル/サン・カン/with ヘレン・ミレン/and シャーリーズ・セロン
監督
ジャスティン・リン