映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』ピスタチオ、今年はヒットしているものに「全力で乗っかります!」

映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』公開記念イベントに、お笑いコンビ・ピスタチオの伊地知大樹と小澤慎一郎が出席した。

4

本作は、地球の主人公・野生生物の目線でとらえた2万年の物語。総製作費40億、構想4年、400人のスタッフが最新の撮影機材を駆使し、2万年という悠久の時間、そこで懸命に生きる生命をドラマティックに描いた壮大な旅を、動物の目でとらえるネイチャー・ドキュメンタリー。ナレーションを笑福亭鶴瓶、木村文乃が担当する。

2-4

ボケ担当の伊地知は今年の干支であるサル、ツッコミ担当の小澤は劇中に登場するオオヤマネコのフェイスペイントをそれぞれ施して登場。本作にちなみ“好きな動物トップ3ネタ”を披露し、会場を沸かせた。自身のペイントに小澤は「完璧!オオヤマネコか小澤か分からない。耳がピンっとなっているのがオオヤマネコの特徴」と仕上がりに満足気。伊地知も小澤の出来に「このまま映画とか舞台とか出れるくらいかわいらしさがある」と絶賛した。

3

また、本作を観た小澤は「圧倒的なスケールのデカさ!動物たちの中の決まり、掟がどう作られて、それどう教え学んでいくのか」と興味津々。伊地知は「オオカミが狩りをするシーンで、オオカミ目線のカメラと追われるウマやイノシシ目線のカメラ、さらにエサにありつこうとするカラスのアングルのカメラもあって、この映像を撮るためにどれくらいのカメラの数や時間をかけたんだろう」と映像のクオリティの高さに感心した様子をみせた。

4

お笑い界も弱肉強食の厳しい世界。昨年大ブレイクしたピスタチオだが、伊地知は「2016年はヒットしているものに、全力で乗っかって生き延びようかと」と映画に絡め、「僕たちは(肉食の)クマやオオカミになれない。カラスで十分。端っこからさっとやってきて、いいところだけ持っていく。“いたなあいつら”程度で残っていけたら」と弱気なコメント。

1main

そんなピスタチオの“福”と映画のヒットを呼び込むため、劇中にも登場する“フクロウ”(ベンガルワシミミズク)が登場。間近でフクロウを目にした小澤は、フクロウの頭をなでては「かわいい~」を連呼。一方、伊地知は「かわいい」と言いつつも、「さっきネズミを食べるって聞いて…」とビビりまくり。最後に、鏡開きでさらなる2人の活躍と、映画のヒットを祈願し、イベントは終了した。

映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』は1月15日(金)より、TOHOシネマズ 日劇他 全国拡大ロードショー

【CREDIT】

監督:ジャック・ペラン/ジャック・クルーゾ

公式HP:gaga.ne.jp/seasons/

©2015 Galatée Films – Pathé Production – France 2 Cinéma – Pandora Film – Invest Image 3 – Rhône-Alpes Cinéma – Winds – Pierre et Vacances

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で