『ある天文学者の恋文』 予告、G・トルナトーレ×E・モリコーネが紡ぎ出す“永遠の愛”の物語

    ニュー・シネマ・パラダイス』『鑑定士と顔のない依頼人』のジュゼッペ・トルナトーレ最新作、アカデミー賞作曲家のエンニオ・モリコーネが音楽を担当する『ある天文学者の恋文』が9月22日より全国順次公開される。この度、日本オリジナル予告編が解禁となった。

    ある天文学者の恋文

    本作は、1人の天文学者が恋人に遺した「謎」をめぐる物語。秘密の恋を謳歌していた天文学者・エドと教え子・エイミー。しかし、突然エイミーの元に届いたエドの訃報。現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続け、そこからエドの遺した謎を解き明かそうとしていく。

    ある天文学者の恋文

    天文学者のエドを、英国が誇るアカデミー賞俳優ジェレミー・アイアンズが演じ、恋人エイミーには、『007 慰めの報酬』ではボンドガールを熱演したオルガ・キュリレンコが抜擢。さらに、音楽をアカデミー賞作曲家のエンニオ・モリコーネが担当する。

    ある天文学者の恋文
    ある天文学者の恋文

    解禁された予告編では、天文学者エドの突然の訃報を受け、悲しみに暮れる恋人エイミーが、彼の死後も届き続けるエドからの手紙に導かれるようにスコットランド・エディンバラやイタリアの湖水地方サン・ジュリオ島を巡っていく姿が描かれている。「僕は、天文学者に憧れがある。彼らは何億年も前に燃え尽きた星の光から多くを学ぼうとする。だから、《死してなおも照らす》ことを知っている」と語るトルナトーレ監督が、モリコーネの美しい楽曲にのせて描きあげた、壮大な謎とロマンに満ちた本編に期待が高まる。

    映画『ある天文学者の恋文』はTOHOシネマズシャンテほか9月22日より全国順次公開

    【CREDIT】
    監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
    音楽:エンニオ・モリコーネ
    出演:ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ
    配給:ギャガ 後援:イタリア大使館

    (C) COPYRIGHT 2015 – PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で