湯浅政明監督最新作『夜明け告げるルーのうた』ポスタービジュアル解禁

星野源が主演声優を務めるアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の公開を4月7日(金)に控えている湯浅政明監督のさらなる最新作『夜明け告げるルーのうた』が5月19日(金)に公開される。この度、本作のポスタービジュアルが解禁となった。

夜明け告げるルーのうた

ポップなキャラクターと、ビビッドな色彩感覚。観客の酩酊を招く独特のパースどり(遠近図法)や、美しく揺れる描線、シンプルな“動く”喜びに満ちたアニメーションの数々を生み出してきた湯浅政明監督。最新作は、古来より「人魚は災いをもたらす存在」として恐れられている日無町を舞台に、ひょんなことから出会った中学生の少年・カイと人魚の少女・ルーの物語。

夜明け告げるルーのうた

タイトルにも登場する人魚の少女・ルーを谷花音が演じるほか、ルーと出会い交流を深めることで次第に心を開いていく中学生の少年・カイを下田翔大、ルーのパパ役を篠原信一、漁師役にお笑いコンビ・千鳥の大悟とノブが共演。キャラクター原案に「午前3時の無法地帯」などで人気の漫画家・ねむようこ、脚本に「けいおん!」シリーズ、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の吉田玲子、音楽に『思い出のマーニー』『メアリと魔女の花』の村松崇継が名を連ねる。主題歌は斉藤和義の名曲「歌うたいのバラッド」に決定している。

「心から好きなものを、口に出して『好き』と言えてますか」という湯浅監督が抱いた疑問から始まった本作。描き下ろしとなるビジュアルには、幻想的な月明りの下、海面に接した船屋で、少年カイと人魚の少女ルーの出会いの瞬間が捉えられている。

今回は、描き下ろしのポスタービジュアルの解禁にあわせ、実際にどのように背景美術が描かれているのか、制作現場の撮影動画も映画公式サイトにて公開。制作は本編でも背景美術を担当する美術監督の大野広司。『魔女の宅急便』『おおかみこどもの雨と雪』『百日紅~Miss HOKUSAI~』など数多くの背景を手掛けた背景美術界の大御所だ。同時公開された動画は、本作の背景も担当している大野が、20時間以上に及ぶ制作作業を定点カメラで撮影することに成功。背景美術を3枚に分けて描いており、最終的にポスターに統合していることが伺える。

大野広司 コメント


湯浅監督の発想には驚かされました。物語の舞台となる「日無町」は京都、名古屋、倉敷など色んな町のイメージをモザイクのように掛け合わせたと説明されましたが…それを絵にするのは頭の中を柔軟にしないといけないなところがたいへんでした。今回はリアル感とぶっとんだ発想とのせめぎ合いのような絵で初めての経験でした。湯浅監督の頭の中はどんな風になっているのでしょう(笑)。ポスタービジュアルの背景は、人魚のルーと少年カイが初めて会うシーンです。夜ですが、暗くなり過ぎないよう、月光でドラマティックな雰囲気になるよう工夫しました。作業風景を撮影されるのは初めての体験でしたがアニメーション作品の背景美術がどのように描かているのか、ぜひ興味を持っていただけるとうれしいです。

映画『夜明け告げるルーのうた』は5月19日(金)より全国公開

©2017ルー製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で