英米エリート諜報機関がタッグ!タロン・エガートン『キングスマン』続編のあらすじが明らかに

キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督による、興行的にも批評的にも大ヒットを記録したスパイアクション映画『キングスマン』の続編『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』の公式ポスターとあらすじが20世紀FOXによって公開された。

Kingsman-The-Golden-Circle-Poster

公開されたポスターには、キングスマンを象徴する”K”のカフスをつけた人物と、本作で初登場するアメリカの諜報機関”ステイツマン”をあらわすSの文字が刻まれたロープを握る人物の姿が捉えられている。アメリカ現地時間3月27日〜30日にラスベガスで開催されていたCinemaCon Convention(通称シネマコン)で予告編が公開されたことについて報じたハリウッド・レポーター誌によれば、チャニング・テイタム演じるスパイのスパイ道具のひとつが人間を真っ二つにする投げ縄であるということからも、英米のスパイを並列したポスターに仕上がっていることがわかる。

出演者についてはエグジー役のタロン・エガートン、新人スパイ教育係のマーク・ストロング、劇中で死亡したとおもわれたベテランスパイ、ハリー・ハート役のコリン・ファースに加え、チャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、エルトン・ジョン、そして本作のヴィラン役を務めるジュリアン・ムーアというトップスターたちが名を連ねる。

公開されたあらすじによれば『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』では、キングスマン本部が爆破されたのち、エグジーたちがアメリカ版キングスマンにあたる”ステイツマン”を探す旅に出るさまが描かれるようだ。スパイとしての強さとウィットの限界に挑戦することが求められるなか、英米のエリート諜報機関が世界の平和を守るために協力するというストーリーが展開する。

『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』は2017年9月29日(金)全米公開

参考:http://screenrant.com/kingsman-2-golden-circle-poster-plot-summary/?utm_source=SR-FB-P&utm_medium=Social-Distribution&utm_campaign=SR-FB-P&view=listhttp://movieweb.com/kingsman-golden-circle-cinemacon-footage-details-poster/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で