香港の未来を問うオムニバス映画『十年』メインビジュアル完成、返還二十年目を迎える今夏7月公開

昨年の大阪アジアン映画祭で上映され、その注目度から二度の上映がSOLD OUTになった十年後の香港の未来を問う衝撃の問題作『十年』が、香港返還二十年目を迎える今夏7月22日(土)に公開される。この度、本作のメインビジュアルが解禁となった。

十年

香港のアカデミー賞と名高い香港金像奨で最優秀作品賞を受賞している本作は、5人の新人監督によって創作された5本のオムニバス作品をもとに、中国共産党の厳しい管理下で暗黒の時代を迎えた2025年の香港を描く。ビジュアルは第1話「エキストラ」、第2話「冬のセミ」、第3話「方言」、第4話「焼身自殺者」、第5話「地元産の卵」、各話の象徴的なスチールカットを使い、白を基調にした香港版に近いビジュアルに仕上がりに。ロゴの右側を崩すことによって、その先に広い空間を作り「10年後の香港」の未来を見る側に想像させる。

映画『十年』は今夏7月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

(C)”Photographed by Andy Wong, provided by Ten Years Studio Limited”

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で