「あさが来た」ディーン・フジオカが映画主演作引っさげ大阪凱旋、関西弁でファン悩殺「好きやで…ほんまに」

映画『結婚』の舞台挨拶が13日、大阪・なんばパークスシネマにて行われ、主演のディーン・フジオカと監督の西谷真一が登壇した。

結婚

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で五代友厚役を演じ、劇中の彼の死を受け入れられない視聴者の間で“五代ロス”という言葉が生まれるほど大ブレイクしたディーン・フジオカ。本作では、あらゆる女性を大人の色気で翻弄し、金品を騙し取る魅惑の結婚詐欺師・古海健児を演じる。共演に柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、古舘寛治、萬田久子、貫地谷しほりが名を連ねる。監督は「あさが来た」でチーフ演出を務めた西谷真一が、脚本を「結婚できない男」「梅ちゃん先生」を手がけた尾崎将也が担当する。

結婚

黄色い歓声とはち切れんばかりの拍手の中登壇したディーン・フジオカと西谷監督。「皆さん、大阪に帰ってきました。」というディーンの挨拶に観客からすかさず「おかえりー!!」と熱量溢れるレスポンスが。これにはディーンも「嬉しいなぁ…」とハニカミ。

本作で3度目のタッグとなるこの2人、ディーンのキャスティングについて西谷監督は「原作では、40代半ばの背の低い男なんですが、このキャラクターをディーンさんのような色気のある方が演じたときの化学反応が、僕自身とても楽しみでした」と決定時の気持ちを明かした。

結婚詐欺師の役についてディーンは「最初は、『犯罪者かー(笑)』でした。でも、もともと監督と映画をやりたいという気持ちがありましたから。今回は犯罪者か…と思いながらも、ぜひやりましょう!とお返事しました。撮影期間はわずか2週間と少なくハードでしたが、古海として生きていた密度の高い日々が過ごせました。主題歌も担当させていただき、全部がひとつの作品として完成したのを目の当たりにして、感無量ですね」と振り返った。“結婚”について聞かれると「家族がいるところが自分の帰る場所になるという感覚なので、そういう気持ちを知れてよかったなと思いますね」と撮影を通して感じたものを素直に打ち明けた。

さらに、撮影現場については「凄く“LIVE感”がありました。元々監督が予定されていた事に対して、その場で思いついたことを取り入れていたのですが、それがいい結果に繋がったな、と思います。難しかったのはピアノを弾くシーンですね…ピアノは本当に弾いてます。音を採ってから演技をかぶせるのが普通なんですが、弾きながらセリフのやりとりをするという、まるでミュージカルのようなシーンでしたから、なおさら難易度が高かったですね。もうライブを何度もやるカンジでしたよ」と苦労話を披露。

結婚

「あさが来た」の撮影時、大阪で過ごしていたというディーンは「大阪の街は、歩くだけでエネルギーが沸いてくるので、とても楽しい。北浜辺りを車で通りがかって、心の中で五代さんと会話したり…。大阪は、風水がわかっている人が作った街だけあって、気の流れの良さを感じ、気持ちいいです!」とべた褒め。ファンに好きな関西弁を聞かれると「“おおきに”は入門編ですもんね…せやなぁ。好きやで…ほんまに(笑)」と、照れ臭そうな笑顔を浮かべ、会場からは一段と高い歓声が起こり、関西ファンの心を鷲掴みにした。

そんなディーンを見つめながら「ディーンさんは、今後もさらにスケールの大きい役者に成長されると思います。男もころっといく色気を持っていらっしゃる。みなさん、その魅力を存分に堪能してください。1度目は、まっさらな気持ちで、2度目は古海の気持ちで、そうすると3回観たくなるはず。できれば、続編を作りたいと考えています(笑)」と話す西谷監督に、「そこは、3回と言わず(笑)何度でも観て欲しいです!!エンディングテーマは古海の心の奥にうごめくものを表現しつつ、かっこいい曲に仕上げました。この曲が鳴りやむまでが、映画「結婚」のすべてなので、どうかその瞬間まで楽しんでください」と存分に映画『結婚』の魅力を大阪の地に伝えた。

映画『結婚』は6月24日(土)より角川シネマ新宿ほか公開

【CREDIT】
製作・配給:KADOKAWA
映画公式サイト:kekkon-movie.jp

©2017「結婚」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で