愛犬が何度も“生まれ変わって”飼い主に会いに行く!『HACHI 約束の犬』監督新作の予告解禁

HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作『僕のワンダフル・ライフ』が9月29日(金)より公開される。この度、本予告が到着した。

僕のワンダフル・ライフ

ベストセラー作家のW・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために綴った「野良犬トビーの愛すべき転生」をもとにした本作。命を救ってくれた愛する飼い主と会うために、生まれ変わりを繰り返す犬ベイリーの姿を描く“犬と人間の極上のラブストーリー”。

全く異なる4つの“犬生”を生きる本作の主人公ベイリーは、物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナード×オーストラリアン・シェパードのミックスと姿を変えていく。その声を担当するのは、製作スタッフのたっての願いで、世界的大ヒット作『アナと雪の女王』でオラフの声を演じ、実写版の『美女と野獣』ではル・フウ役を演じたジョシュ・ギャッドが務める。

本予告では、全く異なる4つの“犬生”を生きる主人公・ベイリーの姿が捉えられている。 “最愛の人”である飼い主・イーサンと過ごした幸せな日々と別れ。再びイーサンに会うために生まれ変わり、その度に出会う新しい飼い主との生活の様子も確認できる。3度目の生まれ変わりでイーサンとの再会を果たすベイリーだが、一方、姿形の違うベイリーにイーサンは気づくのか。

独創的なスタイルと実績から、満場一致で本作の依頼を受けたというラッセ・ハルストレム監督は本作について「この映画を撮るにあたって、ルールとして決めたのは、犬はカメラ目線で喋らないということ。この作品のおかげで、僕は生まれ変わりという考えにすっかり引き込まれてしまった。でも、実際に生まれ変わる可能性があるかどうかなんて誰にもわからない。要はこの世界で起こっている、理屈で説明のつかない魔法のような出来事に対してオープンでいようということだ」とコメントを寄せている。

映画『僕のワンダフル・ライフ』は9月29日(金)より全国公開

【CREDIT】
監督:ラッセ・ハルストレム
原作:W・ブルース・キャメロン「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド with ジョシュ・ギャッド
配給:東宝東和

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で