『南瓜とマヨネーズ』太賀が劇中歌を弾き語り生披露、臼田あさ美「ピュアで真っ直ぐな歌」

映画『南瓜とマヨネーズ』初日舞台挨拶が11日、都内・新宿武蔵野館にて行われ、臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、監督の冨永昌敬が登壇した。

南瓜とマヨネーズ

真っ赤なニットのワンピース姿で登場した臼田は「初日を迎えるまで、本当に長い時間がかかった作品で、こうして公開初日を迎えられたことが嘘みたいなようで…すごく実感出来る1日になっていると思います」と初日を迎えた喜びを語った。

南瓜とマヨネーズ

MCが、太賀演じるせいいち・オダギリ演じるハギオの2人の間で揺れ動くヒロインの姿を描いた本作にちなみ、観客に「せいいち派?ハギオ派?」を問い、最後に臼田にも聞くと「私は…どっちも嫌ですよ」と会場を沸かせた。続けて、「ツチダもツチダで大した女じゃないと思いますけど、男子2人もしょうもないっちゃしょうもないし、でもね、男と女というのはしょうもなくたって惹かれたりするものですから」と、作品への愛おしさを覗かせた。

南瓜とマヨネーズ

富永監督は、原作の魚喃キリコとはかねてからの友人関係のようで「すごく喜んでくれたんですけども、昔からの友人なんですけど、魚喃さんの方が少し年上で先輩なんで、師匠の映画を映画化するってことで緊張もあったんですが『まあ好きなようにやってくれ』と言ってくれていて、すごく面白がってくれた」と映画を観た魚喃の感想を明かした。

本作で印象に残っているシーンを聞かれると、富永監督が「たくさんありますけど…この3人が一緒に出てくれたことです。そして、この3人が鉢合わせするシーンがあるんですけど、そのシーンが面白かったですね。ちなみに、魚喃さんが一番大笑いしたのは、そのシーンでした。原作に無いので」と振り返り、続けて臼田も「あのシーンが1番楽しかったです。好きです。最初、原作には無いシーンだったので脚本を読んだ時に『このシーンはアリなのかな』と思ったんですけど、個人のキャラクターもすごいんですけど、相手がいるからこそ浮き出てくる個人のキャラクターみたいなものがすごく見えるシーンだったなと思います」と述懐した。

南瓜とマヨネーズ

太賀は「オダギリさんと共演するシーンが楽しみでしょうがなくて『オダギリさんと絡める』『一緒のフレームに映れる』という喜びがありつつも、せいいちとして誇示していかなきゃいけない部分もあったりして、すごく楽しい撮影でした」とオダギリとの共演を喜ぶ。

オダギリは太賀との共演シーンに「実はその日、すごく二日酔いでして…」と笑いを取り、「あと太賀くんがギターを弾いてその部屋の隅っこで立ってて、ギター弾いて楽屋で待つって…すごくないですか?」とオダギリらしく話を続けた。

南瓜とマヨネーズ

また、「別のシーンはどうですか?」と聞かれると、太賀は「もちろん臼田さんとのシーンはどれも思い出深いんですけど、せいいちをやる上ですごく重要だったのはバンドメンバーとのシーン。バンドメンバー揃って居酒屋で掛け合うシーンが凄く印象的に残っていて、映らないところでの情熱だったり、深い愛情のようなものを感じる瞬間だった。そういうものに自分自身も負けてられないなと思いましたし、見えない所での作品に対する愛情ってのが全般に映っているような気がして、凄く印象的です」と共演したバンドメンバーへの愛情を語ると、オダギリは「いやー!まさに僕もそれを挙げようとしていたんですけどね」と会場を沸かせていた。

南瓜とマヨネーズ

イベントでは、サプライズで太賀による劇中歌(やくしまるえつこ作のオリジナル楽曲)の弾き語りが行われた。演奏が終わると、客席からの大きな拍手と共に、臼田は「なんだか親のような気持ちになってしまいましたね。すごい緊張も伝わってきたんですけど、やっぱり太賀くんの歌は、ピュアで真っ直ぐで、その良さはあの時も思ったし、今日もあるな~と思いました」と感動しきり。

南瓜とマヨネーズ

オダギリは「いやぁ~すごいですよ、この中で歌うって。やらせる方もやらせる方だと思いますし、それをやりきる太賀くんがやっぱりすごいなと」と感想を伝えた。

南瓜とマヨネーズ

最後に4人からコメントがあり、富永監督からは「恋愛の漫画を映画化したんですけど、恋愛の漫画なのかな?って思ってまして恋愛だけっていう感じでもなく、変身出来る男と出来ない男の話に思っています。ツチダ(臼田)はそういう男達の間に居るわけですけれども、(変身出来る・出来ないというのは)きっと女の人の方にもあると思うんです。それを恋愛を通して、やれたんじゃないかと思いました」と、作品へ注いだ想いを伝えた。

南瓜とマヨネーズ

オダギリは「富永監督とは約12年振りに仕事が出来ましたし、楽しく、素晴らしい才能を見せて頂いてとってもいい作品に関われたな、と思っております。自分の中にある色んなポイントをくすぐられる、良い青春映画だなと思いました。関われたことが嬉しく思ってます」とコメント。

南瓜とマヨネーズ

太賀は「『南瓜とマヨネーズ』に参加出来て本当に良かったな、と思っています。最後の歌のシーンが、せいいちとしてのそれまでの総括するようなシーンだと思うんですけど、歌う直前にツチダを目の前にして『あ、この人のために歌うんだな』と素直に思って、それがそれまでを肯定し歩み出すことなんだなと思って、そう思わせてくれたツチダを演じた臼田さんという存在がすごく大きくて。監督、キャスト、スタッフの皆さんとめちゃくちゃ濃密な時間を過ごすことが出来て、本当に参加出来て良かったと思いますし、たくさんの人に観てもらえて嬉しいです」と作品への思いを述べた。

南瓜とマヨネーズ

最後に臼田は「いま思う事は、ツチダを誰かに共感してもらうとか、私自身がツチダに共感するとか、そういう気持ちで映画を作ったわけでは全然なくて、こういう日常って、すごく一生懸命だけどそれぞれしょーもないし、しょーもないことが起きて、良かれと思ってやったことが誰のためにもならなかったりすることは日常にもあると思っていて、それでも振り返るとその瞬間は尊くてキラキラしてて、そういうものだなとこの映画を観終わった時に思いました」と語り、「この映画を撮影してた時間はまさにそのもので、この映画を撮っているときは常に富永さんが傍に居て、絶対的な信頼と、絶対的に味方であるっていう強い味方がいてくれて、太賀くんやオダギリさんという心強い共演者がいて、毎日を過ごしました。そういうのが全部この映画には詰まっている気がします。この映画を好きになってもらえたらなって思います」と続け、「そして、原作者である魚喃キリコさん、いつかお会いすることがありましたら、こう抱きしめ合いましょう」と本作へ参加出来たことへの素直な気持ちを観客へ伝えた。

映画『南瓜とマヨネーズ』は全国公開中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で