玉木宏、木村佳乃が続投!『ジュラシック・ワールド』日本語吹替え版の新キャストに満島真之介ら

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』緊急レポート会見が28日、都内・スターライズタワー スタジオアースにて行われ、日本語吹替え版キャストの玉木宏、木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃らが出席した。

ジュラシック・ワールド

恐竜たちだけが静かに暮らしているイスラ・ヌブラル島に、危機状況が迫っているということを緊急レポートするため、会場に恐竜保護団体(DPG)の若きスタッフに扮した満島真之介が登場。前作で壊滅的なダメージを受けた地球史上最大のテーマパーク<ジュラシック・ワールド>の様子について自ら説明するという、映画の世界を心ゆくまで【体感】できる報告会をスタートさせた。

ジュラシック・ワールド

満島が「みなさん今日はお集まりいただきありがとうございます。まずは、ジュラシック・ワールドの現在の様子をご説明します。スクリーンをご覧ください」と明かすと、2015年にオープンされた究極のテーマパーク<ジュラシック・ワールド>が崩壊していく当時の様子が映し出された特別映像が上映。

上映が終わると満島は「施設が崩壊した今、環境は恐竜たちにとって最悪な状況になっています。僕たちは一刻も早く恐竜たちを保護したいと考えています。その島の恐竜たちを保護するために設立された僕の所属団体・DPGをご紹介いたします」といい、パークの元運営責任者であるクレア・ディアリングが創立者となって立ち上げたDPGについて説明した。

満島はDPGのリーダーであるクレアについて「クレアさんはとても美しくて、行動力があり、エネルギッシュな方です。僕たちにとってはボスなので、たまに怖いところもあるんですけれど(笑)でも、誰よりも恐竜たちの幸せを願っています!」と明かした。

続けて、スクリーンに映し出されたのは大富豪のジョン・ハモンドが絶滅した恐竜を現代に蘇らせることに成功した1980年代後半から、2015年の<ジュラシック・ワールド>オープンへ至るまでの恐竜の再生にまつわる歴史の数々。

満島は初めて恐竜を見た日のことについて「クレアさんもよく言っていますが、まさに奇跡だなと思いましたね。」と笑顔で振り返りながらも、「そんな奇跡的な恐竜たちに立ち会えた僕たちですが、今、恐竜たちには火山噴火による絶滅の危機が迫っています」と、現在恐竜たちが暮らすイスラ・ヌブラル島に危険な状況が迫っていることについて言及。

島にある休火山と呼ばれていたシボ山が破壊的な噴火が間近となっていることが説明されている映像を見せながら、「巨大噴火を前に、恐竜たちの保護のためにどんなアクションがおこせるのか、何をすべきか、DPGでは、議論を重ねています。どうか、みなさんにも恐竜たちのために何ができるかしっかりと考えてみてください!」と、恐竜の未来を守るDPGの一員として力強く訴え、緊急レポート会見は終了した。

ジュラシック・ワールド

さらにこの日は、恐竜と心を通わせる主人公オーウェンの吹替えを玉木宏、そしてクレアの吹替えを木村佳乃が、前作に引き続き続投することが明らかに。そして、DPGのシステムスペシャリストであるフランクリンの吹替えを満島真之介、DPGの恐竜獣医ジアの吹替えを石川由依、物語の鍵を握る少女メイジーの吹替えを住田萌乃が担当することが発表された。

ジュラシック・ワールド

ステージに設置された巨大ゲートから、オーウェンの相棒恐竜ヴェロキラプトルのブルーとともに堂々と登場した5名の豪華キャスト陣。玉木は「あっという間に3年の時間が経ちましたが、こうして世界中の誰もが知っているような大きなシリーズの作品に再び参加することが出来て嬉しく思います」、木村は「25年前からずっと観ている大好きなジュラシックシリーズで、今回も吹替えキャストとして参加することが出来て大変光栄です」と続投を喜び。

ジュラシック・ワールド

本作へ新たに参加することが決定した満島は「先ほどの無茶ぶりの説明、楽しく行わせていただきました(笑)吹替えは初めてなのですが、『ジュラシック・ワールド』の最新作に参加できるとは思わなくて、さらに恐竜の鳴き声かなと思っていたらしっかりと人間の役をいただけて嬉しいです。それと僕はフランクリンを実際に演じたジャスティス・スミスがデビュー当時からずっと好きだったので、こんなところで共演ができるなんてと幸せな気持ちになりました」、石川は「前作を映画館で観ていたので、まさか次回作に出るなんて思ってもみなかったです。普段はアニメが多く、吹替えとして作品に参加することはあまりないのですが、精一杯演じさせていただければと思います」、住田は「大好きなジュラシックシリーズの吹替えをやらせていただけてとても嬉しいです。ずっと吹替えの仕事がやりたかったので夢が叶いました!メイジーは映画の鍵を握るキャラクターなので、息の合わせ方とか表情を見ながらアドリブをいれてみたり、何回も何回も練習しました!」と、それぞれのジュラシック愛とシリーズへ参加する意気込みを明かした。

ジュラシック・ワールド

2015年の1作目公開から3年ぶりに本作で再会を果たした玉木と木村。再び共演が決定した心境について問われると、玉木は「純粋に嬉しいです。一緒に収録するわけではないのでここで出会うのはとても不思議な感じがしますが、劇中のオーウェンとクレアの3年分の関係をここでまた構築しながら頑張れればと思います」、木村は「とにかく今回のクレアの台詞も、叫び声、うめき声、悲鳴がすごいです。前作に続いて、今回もとても喉に負担がかかるだろうということで、しっかり最後までやり遂げたいねと、先ほど玉木さんとお話ししていました」とコメントした。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日(金)より全国公開

© Universal Pictures

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国

4.5
2018/7/13 (金) 公開
出演
クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/B・D・ウォン/ジェームズ・クロムウェル/テッド・レヴィン/ジャスティス・スミス/ジェラルディン・チャップリン/ダニエラ・ピネダ/トビー・ジョーンズ/レイフ・スポール/ジェフ・ゴールドブラム ほか (日本語吹き替え)玉木宏/木村佳乃/満島真之介/石川由依/住田萌乃/大塚芳忠 ほか
監督
J・A・バヨナ