『虹色デイズ』佐野玲於&高杉真宙がイチャイチャ、中川大志「友情を超えた何かが…」

映画『虹色デイズ』公開記念舞台挨拶“虹色七夕祭り”が7日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、監督の飯塚健が登壇した。

虹色デイズ

七夕にちなみ浴衣姿で登場したキャスト陣。縁日の場面や、アドリブ満載の撮影秘話でトークが盛り上がる中、女優陣から「すごく仲が良い!写真撮りあったりしていて、すごくラブラブでした!」(吉川)、「お昼ごはんの時とか4人で毎日テーブル囲んで食べたり」(恒松)との声が。佐野は「思い出記録用に1人ずつiPhoneが配られて、500枚くらい撮った。真宙にいたっては、ほとんど俺の写真(笑)」とハニカミ。

虹色デイズ

高杉は「いっぱい撮った!面白いことしてくれるんですもん(笑)」と明かすと、中川が「何その2人!友情を超えた何かが…(笑)」とツッコミ。佐野は「たぶん俺のこと好きなんだと思う」と照れ笑いを浮かべていた。

虹色デイズ

七夕ということで、短冊にそれぞれの願いを込めてイベントで発表。佐野は「この映画が皆さんの心に届きますように」と掲げ、「(座長)ということで、みんなの想いを願いました」とコメント。個人的には「ちょっとバカンスしたいな〜!海外、島国、ハワイとか諸島に行きたい!」と明かすと、高杉は「行きたいですね!4人で行きたい!」とにっこり。そんな2人に中川は「2人で行って来なよ!俺ら(中川・横浜)は遠慮しとくから(笑)」とツッコミ、仲睦まじい様子をのぞかせた。

虹色デイズ

高杉は「また『虹色デイズ』のメンバーで撮影ができますように」と発表し、「すごく楽しい時間を過ごさせていただいたので。【つよぽん】でも、全く別の形でも共演できたら」と明かす。中川は「“モノクロデイズ”みたいな、超ドロドロしたやつやる?」と笑いを取り、飯塚監督も「“オーシャンズ4”とかいいんじゃない?」とアイデアを出す。横浜は「すぐ捕まりそう(笑)」と笑みをこぼしていた。

虹色デイズ


男子高校生4人組が主人公の本作は、性格も趣味もバラバラで、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの【友情】と【恋】を描く青春ストーリー。監督を『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』の飯塚健が務める。

日本映画史上初となる「4人ともに主演」のカルテット主演で贈る本作。ピュアで元気な愛されキャラで、同級生の杏奈に片想いする【なっちゃん(羽柴夏樹)】役にGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、チャラくて女好きなモテ男【まっつん(松永智也)】役に中川大志、秀才で超マイペースなオタクの【つよぽん(直江剛)】役に高杉真宙、いつもニコニコ実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)】役に横浜流星が扮する。

映画『虹色デイズ』は全国公開中

(C)2018『虹色デイズ』製作委員会 (C)水野美波/集英社マーガレットコミックス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

虹色デイズ

虹色デイズ

4.6
2018/7/06(金) 公開
出演
佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)/中川大志/高杉真宙/横浜流星 ほか
監督
飯塚健