葵わかな、古畑星夏らが“女子会トーク”!井上苑子が『青夏』挿入歌をサプライズ生披露

映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶が15日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子が出席した。

青夏

公開後の反響について葵は「妹や同級生から見たよと言ってもらえている。同年代の方は親近感を持って観てくれたみたいだし、大人の方も観てくれているようで嬉しい」と報告。古畑も幅広い年代に鑑賞されていることを実感しつつ「映画を観た親からは『あなたいつも可哀想な役柄ね』と言われた。でもそれはそれで良かったかな」と満面の笑みだった。

また、劇中に登場する男性キャラクターで「誰が理想か?」というトークでは、吟蔵の同級生・ナオミや理緒に思いを寄せる祐真の名前は挙がったものの、佐野演じる吟蔵の名前は出ず。そればかりか理緒役の葵は「吟蔵って、なんかちょっと強引(笑)こっちが頑張って好きアピールするのに手応えがない。それなのにいきなり『俺のこと好きだろ?』みたいな?吟蔵が相手だったら振り回される」とぶっちゃけ、「もう少し大人になったらカッコよくなれるタイプかも。今は不安定の成長中」と壇上はさながら女子会モードだった。

青夏

吟蔵の行動に対する女子たちの本音はヒートアップ。久間田が「早めに態度をはっきりしてほしい」と吟蔵の優柔不断ぶりに不満を持つと、葵も「振り回されるのは心地よくないよね。吟蔵は優しいけれど、曖昧な態度は…」と首を傾げつつ、「でも豊かな心を持っていそう」とフォロー。しかしそこは女子会、最後は井上が「第三者的視点で映画の中の吟蔵を見ていると、彼の考えもわかるのでキュンキュンすると言ったものの、自分が実際に理緒の立場だったら『は?何してんの?』ってなる」と思う、ととどめを刺していた。

この日は、客席からの恋愛相談にも挑戦。「追う恋と終われる恋、どちらが幸せ?」との質問には、古畑、久間田、井上が「追われる恋派」。それに追う派・秋田が「でも好きじゃない人に追われても」と反論すると、葵が「追うのか追わないのか、それは歳による。将来的に結婚を考えているならば追われる恋を選ぶべきだけど、これから大人になる人は追っても将来に響かないので追ってもいい」とズバッと提案。これには古畑を筆頭に「それめっちゃ大人!ベストアンサー!歳を考えよう!」と満場一致で採択されていた。

さらに「遠距離恋愛はあり?なし?」に葵は「ほかに良い人がいるなら別だけど、その人のことが好きならば止める理由も意味もない」とアドバイス。古畑も「遠距離は会いたい思いが凄く強くなっていって、逆に燃えるかも!」と遠距離前向き派で、井上は「遠距離をできる相手ならばOK。要は信頼関係の問題」と愛の強さを強調した。

また「花火デートで男性の浴衣はありか?」との悩みに葵は、古畑らが「絶対に着た方がいい」と推す中で、「私は2人とも普段着でいい。だって浴衣の下駄ってめっちゃ足痛くなるよ?そもそもデートで浴衣を着ていったことがない。普段着の方が簡単でいい」とクールな返答。それに久間田が「絶対に2人で着た方がいい!いつもと違うお互いを好きになりそうだから」と乙女心で訴えると、葵も「1人だけ着ることになるなら、男性も一緒に2人で着るほうがいいかも…」と最後は納得していた。

青夏

女子会も終盤に差し掛かると、Mrs. GREEN APPLEと共に挿入歌「点描の唄(feat. 井上苑子)」を歌う井上がサプライズで生歌披露。同曲を公の場で歌うのは初めてという井上は「映画公開中に歌えて嬉しい」と喜ぶと、撮影中に同曲を役作りのヒントにしていたという葵は「素敵。凄い素敵でした。生で聴けないのかな?と思っていたので凄く光栄」と感激し、古畑も「こんなに近くで聴けるなんて嬉しかった。サビになると強くなる声が素敵」とウットリ。久間田は「映画を観た後に口ずさんでしまうメロディ。本人が生で歌ってくれたのでより圧倒された」と嬉しそうで、秋田も「曲が配信されてからエンドレスで聴いていました!こうやって生歌を聴くことができて幸せ」とすっかりファンの表情だった。

映画『青夏 きみに恋した30日』は全国公開中

(C)2018映画「青夏」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

青夏 きみに恋した30日

青夏 きみに恋した30日

4.5
2018/8/01 (水) 公開
出演
葵わかな/佐野勇斗/古畑星夏/岐洲匠/久間田琳加/水石亜飛夢/秋田汐梨/志村玲於/霧島れいか/南出凌嘉/白川和子/橋本じゅん/愛美 ほか
監督
監督:古澤健/原作:南波あつこ