『坂道のアポロン』知念侑李、中川大志の“ドラム”に演技忘れ「見とれちゃってた」映像の一部解禁

Blu-ray&DVDが9月19日(水)にリリースされる映画『坂道のアポロン』より、ビジュアル・コメンタリー映像の一部が解禁となった。

坂道のアポロン
『坂道のアポロン』ビジュアル・コメンタリー シーンカット

知念侑李、中川大志、小松菜奈、三木孝浩監督が本編を見ながら撮影当時を振り返る<ビジュアル・コメンタリー>は、知念侑李演じる薫、中川大志演じる千太郎が初めて一緒に楽器を鳴らすシーンについて語っている映像の一部。

千太郎がドラムソロを披露するシーンでは、「音楽がなくて、ドラムだけの音に合わせるのは難しかった」と中川が当時の苦労を明かすと、知念は「(演技ではなく)本当に見とれちゃってた」と告白。知念らが揃って当時の裏側を語る、貴重な映像となっている。


第57回小学館漫画賞を受賞した小玉ユキ原作の同名少女コミックを、Hey! Say! JUMPの知念侑李主演で実写映画化した本作は、長崎県・佐世保市を舞台に、父を亡くし周囲に心を閉ざしてきた高校1年生の西見薫が、初めてできた親友、初めての片思い、そして“ジャズ”との出会いによって成長していくさまを描く青春ラブストーリー。都会から引っ越してきた転校生で、周囲に心を閉ざしがちな主人公・西見薫を、映画単独初主演となる知念侑李が演じる。

共演に、学校一の荒くれ者で“札付きの不良”と恐れられるクラスメイト・川渕千太郎役に中川大志、千太郎の幼馴染で薫が想いを寄せる心優しい女の子・迎律子役に小松菜奈が扮するほか、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀らが名を連ねる。監督を『先生!』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『僕等がいた(前篇・後篇)』『陽だまりの彼女』『ホットロード』などで知られる三木孝浩が務める。

映画『坂道のアポロン』Blu-ray&DVDは9月19日(水)リリース

(C) 2018 小玉ユキ・小学館/映画『坂道のアポロン』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

坂道のアポロン

坂道のアポロン

4.3
2018/3/10 (土) 公開
出演
知念侑李(Hey! Say! JUMP)/中川大志/小松菜奈/真野恵里菜/山下容莉枝/松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)/野間口徹/中村梅雀/ディーン・フジオカ ほか
監督
三木孝浩