安室奈美恵、小沢健二ら『SUNNY』劇中使用全11曲メドレーPVお披露目

8月31日(金)に公開される映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』より、劇中使用全11曲メドレーPV(3分30秒)が解禁となった。

SUNNY 強い気持ち・強い愛

自身最後の映画音楽となる小室哲哉が音楽を担当した本作。劇中では、90年代を彩る珠玉のJ-POP合計11曲を使用しており、「SWEET 19 BLUES」「Don’t wanna cry」(安室奈美恵)をはじめとする5曲の小室哲哉プロデュース楽曲や、サブタイトルにもなっている「強い気持ち・強い愛」(小沢健二)など、今もカラオケなどで歌い継がれている名曲の数々が本作を彩る。

SUNNY 強い気持ち・強い愛
「SUNNY 強い気持ち・強い愛」劇中使用曲全ジャケット写真一覧

そんな豪華楽曲を繋げて作成した劇中使用全11曲メドレーPV(3分30秒)が解禁。親友との再会、蘇る20年前の青春時代、ルーズソックス、カラオケ、プリクラ、そして初恋―。映画の印象的なシーンが切り取られ、それぞれの楽曲に合わせて紡がれた本映像。90年代に最高の青春を過ごす“サニー”たちと、約20年の時を経てそれぞれが問題を抱える現在の“サニー”たちの姿が、「SWEET 19 BLUES」「強い気持ち・強い愛」など90年代を代表するJ-POPに乗せて交差していく。


原作は、2011年に韓国で745万人動員の驚異的大ヒットを記録した『サニー 永遠の仲間たち』。心掴まれたファンのひとりでもある大根監督が、今作では舞台を日本に移し、90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめて再構築。監督・脚本を一手に担う。

かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーに、主人公・奈美(篠原涼子)の高校時代を演じる広瀬すずをはじめ、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生がそれぞれ演じる。共演に板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、三浦春馬、リリー・フランキー、新井浩文、矢本悠馬らが名を連ねる。

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日(金)より全国東宝系にて公開

©2018「SUNNY」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

SUNNY 強い気持ち・強い愛

SUNNY 強い気持ち・強い愛

4.2
2018/8/31(金) 公開
出演
篠原涼子/広瀬すず/小池栄子/ともさかりえ/渡辺直美/池田エライザ/山本舞香/野田美桜/田辺桃子/富田望生/三浦春馬/リリー・フランキー/板谷由夏 ほか
監督
大根仁