【注目新作】『くるみ割り人形と秘密の王国』『かぞくいろ』『へレディタリー/継承』『jam』ほか公開

〈11月30日(金)より公開の新作映画をご紹介!〉

くるみ割り人形と秘密の王国』(11.30[金]公開)

くるみ割り人形と秘密の王国
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

約200年前にドイツで生まれた童話からクラシック・バレエへと展開され、チャイコフスキーによる音楽や、多くの舞台や書籍など様々な形で時代を超えて愛され続けてきた不朽の物語を実写映画化。

本作の主人公/少女・クララ役に『インターステラー』で主人公の娘を演じて強い印象を残した、現在17歳のマッケンジー・フォイ。ヒロインの脇を固めるのは、キーラ・ナイトレイをはじめ、ヘレン・ミレン、モーガン・フリーマンら。監督を、『ギルバート・グレイプ』『僕のワンダフルライフ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレムが務める。

かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』(11.30[金]公開)

かぞくいろ
©2018「かぞくいろ」製作委員会

地⽅のローカル線を舞台に、⼈と⼈とのつながりや⾃分の⽣き⽅を⾒つめ直す姿を温かく描いてきた本シリーズ。本作は、シリーズ初となる「⼥性運転⼠」の物語。夫に先立たれ、夫の連れ子と共に義父に頼ることになった主人公・晶(有村架純)が、“再出発”のために息子が大好きな鉄道の運転士になろうと奮闘するさまを描く。

主演を有村架純、その他國村隼、桜庭ななみ、木下ほうかなどが出演。監督を『江ノ島プリズム』『バースデーカード』の若き精鋭・吉⽥康弘が務める。

ヘレディタリー/継承』(11.30[金]公開)

へレディタリー/継承
(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

今年のサンダンス映画祭で発表され、「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受けたホラー映画。祖母の死を発端に、死よりも残酷な運命と想像を絶する恐怖が家族を襲うさまを描く。

主演に『シックス・センス』『リトル・ミス・サンシャイン』のトニ・コレット、監督・脚本は、本作が長編映画監督デビュー作となるアリ・アスターが務める。

jam』(12.1[土]公開)

jam
©2018「jam」製作委員会

MR.LONG/ミスター・ロン』などで知られる鬼才・SABUが監督を務める本作。EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクトで、劇団EXILEのメンバーが総出演。青柳翔、町田啓太、鈴木伸之をはじめ、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、秋山真太郎、八木将康、野替愁平らが所属する劇団EXILEのメンバーが初めて集結する。

週末はチケット予約アプリ【映画ランド】で映画館へ行こう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

くるみ割り人形と秘密の王国

くるみ割り人形と秘密の王国

3.3
2018/11/30 (金) 公開
出演
マッケンジー・フォイ/キーラ・ナイトレイ/ヘレン・ミレン/モーガン・フリーマン ほか(日本語吹替)小芝風花/坂本真綾/小野賢章 ほか
監督
ラッセ・ハルストレム
かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

4.1
2018/11/30 (金) 公開
出演
有村架純/國村隼/桜庭ななみ/青木崇高/歸山竜成/筒井真理子/木下ほうか/板尾創路 ほか
監督
吉田康弘
へレディタリー/継承

へレディタリー/継承

3.2
2018/11/30 (金) 公開
出演
トニ・コレット/ガブリエル・バーン/アレックス・ウォルフ/ミリー・シャピロ/アン・ダウド ほか
監督
アリ・アスター
jam

jam

4.1
2018/12/01 (土) 公開
出演
青柳翔/町田啓太/鈴木伸之/秋山真太郎/八木将康/小澤雄太/小野塚勇人/佐藤寛太/野替愁平/筒井真理子 ほか
監督
SABU