土屋太鳳×北村匠海『春待つ僕ら』本予告、白熱するバスケ試合シーンや小関裕太の“ダンク”も

あなしんの同名原作を、土屋太鳳×北村匠海ら共演で実写映画化した『春待つ僕ら』の本予告映像とポスタービジュアルが解禁となった。

春待つ僕ら

原作は、10代20代女性から絶大な支持を集め、一人の女の子を囲む個性あふれる花形バスケ部男子たちに“スポきゅん&友きゅん”必至の青春ラブストーリーコミック。“脱ぼっち”を目指すもクラスに馴染めない主人公・春野美月役に土屋太鳳、バスケ部の“イケメン四天王”のひとりで、いつも美月を気にかけてくれる無口で天然な浅倉永久役に北村匠海(DISH//)が扮する。

同じくバスケ部の“イケメン四天王”・若宮恭介役に磯村勇斗、多田竜二役に杉野遥亮、宮本瑠衣役に稲葉友。アメリカ帰りの有名高校バスケ選手で美月の小学校時代の幼なじみ・神山亜哉を小関裕太が演じる。監督を『ROOKIES -卒業-』などを代表作に持つ平川雄一朗が務める。

春待つ僕ら

予告編の冒頭、ひとりぼっちの春野美月(土屋太鳳)がバスケ部男子4人との出会いのシーンが描かれる。友達のいない自身とは正反対で、全校生徒からの注目を浴びる4人をチャラいと決めつけていた美月だが、バスケに真剣で仲間を大切にする4人の素顔を知り、次第に心を開いていく。

春待つ僕ら

4人のうちの1人、永久(北村匠海)の「みんなマジでバスケやってる」という言葉を裏付けるように“全国大会を目指す”4人の真剣な試合が描かれる。北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友らバスケットボール経験者たちが魅せる白熱の試合シーン、さらに彼らの前に立ちはだかるアメリカ帰りの天才バスケ選手:神山亜哉(小関裕太)の華麗なダンクシュートなど、迫力満点のバスケシーンは必見だ。

映画『春待つ僕ら』は12月14日(金)より全国公開

(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

春待つ僕ら

春待つ僕ら

3.7
2018/12/14 (金) 公開
出演
土屋太鳳/北村匠海/小関裕太/磯村勇斗/杉野遥亮/稲葉友/泉里香/佐生雪/緒川たまき ほか
監督
平川雄一朗