答えの出ない人間の“善と悪”を描く映画3選── 『デイアンドナイト』『人魚の眠る家』など

2018年も終盤に差し掛かり、季節は“芸術の秋”に移り変わった。どこか心をしんみりとさせる肌寒い季節だからこそ、人間の“善悪”に迫ったようなずっしりとした映画が恋しくなるのでは?答えの出ない“善悪”に振り回されるものたちを描いた映画3選をご紹介します!

デイアンドナイト
(C)2019「デイアンドナイト」製作委員会

数々の映画、ドラマに出演し、名実ともに日本を代表する俳優・山田孝之が、一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である俳優・阿部進之介が長編映画初主演を務める映画『デイアンドナイト』が1月26日(土)に全国で公開される。完全オリジナル作品である本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。

これまで、園子温監督が手掛ける善悪の狭間で揺れ動く人間たちを描いた『冷たい熱帯魚』や、常軌を逸した極秘任務に善悪の境界が曖昧になり苦悩する女性捜査官の姿を描いた『ボーダーライン』など、“善悪”に揺さぶられる人々の姿を描いた映画が世に放たれるなか、2018年も、答えの出ない“善悪”に振り回されるものたちを描いた映画が続々と公開される。

たった1つの出会いが、“善悪”の境界線を曖昧にさせていく──
』(全国公開中)


銃
(C)吉本興業

芥川賞作家・中村文則のデビュー作「銃」を『百円の恋』や『嘘八百』を手掛けた武正晴が映画化。大学生・西川トオルは、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を見つけ、自宅のアパートに持ち帰ってしまう。やがてその銃は、トオルにとってかけがえのない宝物となっていく。誰かを生かすことも脅すことも殺すことも、自ら死ぬことも簡単にできてしまう“銃”との出会いにより、彼の心的様相はガラリと変かわっていく。

同じ大学のヨシカワユウコに興味があり、ひょんなことから関係を持つが、トオルの中で銃の存在が圧倒的な位置を占めるようになっていき、ヨウコへの興味もだんだん薄いものに。銃をカバンに入れて持ち歩き、緊張とスリルを味わい満足していたトオルだが、ある日突然刑事が訪れたことにより、トオルの運命はさらに激変していく。普通の大学生だったトオルが銃に支配され、やがて理性を崩壊と導き、“善と悪”の境界線があやふやになり狂気に満ちていく姿を描く。

主演を務めるのは、弱冠21歳にして俳優の地位を確立している村上虹郎。銃に支配され、狂気に満ちていく難役を熱演。トオルと関係を持ち、心に問題を抱える女子大生・ユウコを、広瀬アリスが可憐に演じる。さらに、リリー・フランキーをはじめとし、日南響子、新垣里沙、岡山天音など個性俳優たちが脇を固める。

母の究極の愛。果たしてそれは娘にとって“善と悪”どちらになるのか。
人魚の眠る家』(全国公開中)


人魚の眠る家
(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

「娘がプールで溺れた──」。離婚寸前の播磨薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)に届いた突然の知らせ。数時間前に元気に遊びに行った娘・瑞穂(稲垣来泉)は、意識不明の重体となり、医師からは回復する見込みはないと告げられる。わが子を生かし続けるか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる。奇跡を信じ、生かし続けることを決断した薫子は、娘のケアに全霊を尽くすことに。そんな中、和昌の経営するIT機器メーカーの最先端科学技術を、娘の治療に活かすことで、健康が維持できると喜ぶ薫子。しかし、それは薫子の愛を狂気に変貌させてく。

累計100万部を突破した東野圭吾のベストセラー小説「人魚の眠る家」を、「TRICK」シリーズなどのエンターテイメント作を放つ一方で、『天空の蜂』などの骨太な人間ドラマも手掛ける鬼才・堤幸彦が映画化。娘のためを思う母の行動は、愛情か欲望か、そして娘や家族にとって“善と悪”どちらになるのか。決して他人事ではない、誰にも起こりうる可能性のある究極の選択に、観たもの全てが「自分だったら?」「薫子の行動は“善”か“悪”か」と考えずにはいられないだろう。

愛する人を殺されたものたちが、自らの“善と悪”に翻弄される姿を静かに描き出す
デイアンドナイト』(2019年1月26日(土)全国公開)


デイアンドナイト
(C)2019「デイアンドナイト」製作委員会

父の自殺をきっかけに故郷へ戻った明石は、残された負債の金策に追われていた。同時に父の真相を探していた明石の前に、児童養護施設「風車の家」のオーナーを務める北村と名乗る男が現れる。父親同然に子どもたちを想う北村だが、一方で施設を運営するため犯罪をも厭わない、清濁を共存させた道徳観を持っていた。施設で暮らす少女・奈々と出会い、一時の安らぎを得る明石だが、“善”と“悪”を共存させている北村に次第に惹かれ始める。そして、父親を死へ追いやった男への復讐心が増大し、自ら“善と悪”の境界線でもがき、葛藤していく。

俳優業に留まらず、様々なジャンルで活躍する山田孝之が、完全に裏方に徹した初の全面プロデュースとなる本作。主人公・明石を演じるのは本作の企画・原案も手掛け長編映画初主演となる阿部進之介。そして、“善と悪”の二面性を持つ北村を、2018年は『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』やTVドラマに多数出演し、再び活動の幅を広げている演技派俳優・安藤政信が演じる。ヒロイン・奈々は、山田孝之も惚れ込み涙したという圧倒的な表現力を持つ驚異の逸材、清原果耶が熱演。家族を殺された男、家族を生かすために罪を犯す男、愛情を知らない孤独な少女。“善と悪”の狭間で揺れ動く彼らが描き出す、こころ揺さぶる人間ドラマが誕生した。

映画『デイアンドナイト』は2019年1月19日(土)秋田県先行公開/1月26日(土) 全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

デイアンドナイト

デイアンドナイト

3.5
2018/1/26(土) 公開
出演
阿部進之介/安藤政信/清原果耶/小西真奈美/佐津川愛美/深水元基/藤本涼/笠松将/池端レイナ/山中崇/淵上泰史/渡辺裕之/室井滋/田中哲司 ほか
監督
監督:藤井道人/プロデューサー:山田孝之・伊藤主税
人魚の眠る家

人魚の眠る家

4.2
2018/11/16(金) 公開
出演
篠原涼子/西島秀俊/坂口健太郎/川栄李奈/山口紗弥加/田中哲司/田中泯/松坂慶子 ほか
監督
監督:堤幸彦/原作:東野圭吾
銃

3.6
2018/11/17 (土) 公開
出演
村上虹郎/広瀬アリス/日南響子/新垣里沙/岡山天音/後藤淳平/中村有志/日向丈/片山萌美/寺十吾/サヘル・ローズ/山中秀樹/リリー・フランキー ほか
監督
武正晴