クリスマスの願い事は?大泉洋が『グリンチ』続編を熱望、宮野真守は“大泉洋”

映画『グリンチ』初日舞台挨拶が14日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、大泉洋、杏、横溝菜帆、宮野真守が登壇した。

グリンチ

熱烈の応援で迎え入れられた大泉は「この映画を待ちきれないファンのみなさんがこんなにも沢山劇場に集まっていただいて嬉しい限りです!この映画はとても感動的な作品に仕上がっていて、今日映画を観た人のなかでも泣いちゃった人がいるのではないかと気になっております!是非今日は楽しんでください!」と挨拶。

大嫌いなクリスマスを盗むというとんでもない計画を企む超ひねくれ者のグリンチが主人公の本作だが、劇中ではクリスマスを心待ちにしている少女シンディ・ルーと出会うことによって、心温まる物語へと変貌していく。客席には結末を観ながら涙した方もいたようで、MCが挙手を求めると、会場のほとんどの観客が感動して泣いてしまったことが判明。そんな観客の反応を目の当たりにした杏は「わたしも台本を読んで時点でうるっとしちゃいましたね。娘にあんなこと言われるとなんていい子なんでしょうって、泣いちゃいますよ!」と母親だからこそ共感できる感動ポイントについて明かした。

ここで、劇中で描かれるクリスマスの物語と、日本にもまもなくクリスマスが訪れるということにちなんで、キャスト陣がサンタさんへのお願い事書き込んだオーナメントをクリスマスツリーに飾り付けることに。大泉のお願いは“『グリンチ』2を作ってください”。杏が「なにか続編でやりたいことはあるんですか?」と尋ねると、「横溝さんともう一度NYプレミアにいって、カンバーバッチともっとお話ししたいです(笑)」と大泉。続けて、「この作品は物語がすごくきれいに終わってしまうけど、たとえば“グリンチマン”が登場して、悪くなったブリクルバウムと戦うとかどうですか?秋山さんとバトルしたいです!」と熱弁し、会場を沸かせた。

続けて、杏が“たくさん入るリュックサックが欲しい!”と私的な願いを明かすと、大泉・宮野から「グリンチと全然関係ない!」と総ツッコミを受け、会場は笑いの渦に。横溝が“家族で旅行!”と明かすと、大泉は「家族のことを考えるなんて素晴らしいね!」と笑顔でうなずき、会場も和やかに雰囲気に包まれた。

最後に宮野が明かしたお願い事は、“大泉洋”。まさかの名指しに大泉も驚きの様子で、宮野に理由を問うと「この作品で一緒にイベントに登壇させてもらい、大泉さんのセンスに感服しました!どんな時もたくさん話さずにはいられない、その勇気とセンスを欲しいなと思っています(笑)」とコメントし、会場から大泉へ拍手が贈られた。

続けて、さらなるスペシャルゲストとして、世界で唯一ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでしか会えないベイビーグリンチが公開を記念してクリスマスプレゼントならぬ“グリンチマス”プレゼントを持って登場。さらに、大人気キャラクター“ミニオン”を生み出したイルミネーション・エンターテインメントのCEOクリス・メレダンドリから初日を迎えたキャスト陣に向けて、サプライズメッセージが到着。MCよりメッセージが読み上げられると、心温まる言葉の数々にキャスト陣も感極まった様子でうなずきながら耳を傾けていた。

(以下、メッセージ)「皆さん今日は来て下さってありがとうございます。日本で本作品が公開されることを嬉しく思います。そして声優の大泉さん、杏さん、秋山さん、横溝さん、そして宮野さんを歓迎して一緒にお祝いさせてください。イルミネーション作品の要は登場するキャラクター達と彼らからのメッセージです。彼らは、皆さんの心に触れ、皆さんを笑顔にしてくれ、皆さんの生活に笑いをもたらしてくれます。この『グリンチ』は、共感できるキャラクターがたくさん登場し、赦すこと、思いやり、優しさの力をテーマにした素晴らしい作品です。この作品を皆さんに観ていただけることを嬉しく思います。最後に、日本の声優さん達にもう一度お礼を言わせてください。素晴らしい仕事ぶりです。彼らが息を吹き込んでくれたキャラクター達を皆さんは思わず大好きになってしまうことでしょう。それでは皆さん、この映画を観て、良いクリスマスをお過ごしください!」

映画『グリンチ』は全国公開中

(C)UNIVERSAL PICTURES

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

グリンチ

グリンチ

3.8
2018/12/14 (金) 公開
出演
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ ほか/日本語吹き替え:大泉洋/杏/秋山竜次/横溝菜帆/宮野真守 ほか
監督
ヤーロウ・チェイニー/スコット・モシャー