クリスチャン・ベール「こんなに多くを感じる作品は初めてだ」、主演作に手応え『バイス』インタビュー動画

4月5日(金)公開の映画『バイス』より、第76回ゴールデン・クローブ賞主演男優賞に輝いた、クリスチャン・ベールのインタビュー動画が解禁となった。

バイス
クリスチャン・ベール

本作はジョージ・W・ブッシュ政権(2001-09)で、アメリカ史上最も権力を持った副大統領、ディック・チェイニーを描いた社会派エンターティメント。監督は『マネーショート』で、第88回アカデミー賞「脚色賞」を受賞、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞の主要5部門にノミネートされ世界中からその手腕を認められたアダム・マッケイ。

製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュース。チェイニー副大統領役にクリスチャン・ベールが扮するほか、チェイニーの妻役にエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役にスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役をサム・ロックウェルが演じる。

バイス

現在、賞レースを席巻中の本作において、20代から70代までのディック・チェイニーを演じたクリスチャン・ベール。第91回アカデミー賞主演男優賞のノミネートにも大いに期待がかかるが、本作ではディック・チェイニーを演じるにあたり「彼の外見的な特徴に加えて本質をつかむのは、すごく大変な仕事だった。ただのモノマネは嫌だった。それだけでも十分に難しいけど、10~15分もすれば観客は見飽きてしまう。だから、本質をつかもうとした」と胸の内を語る。

また、「僕はこの作品に自分の政治観を持ち込むつもりはなかった。チェイニーの政治観を受け止めるべきだ。素直に信じ、その立場からいい点や真実を探ってみる必要がある。そのおかげでマッケイ監督と意見をぶつけ合えた」と、本作が傑作に仕上がった裏側をたっぷりと語っている。

さらに、本作について「苦しみも喜びも感じられる、つまりこの映画を観てると感情があふれてくる。こんなに多くを感じる作品は初めてだ。お世辞抜きでね」と大絶賛のコメント。1月22日(火)のアカデミー賞ノミネート発表と賞レースの行方に注目が集まる。

映画『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

バイス

バイス

4.2
2019/4/5(金) 公開
出演
クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーブ・カレル/サム・ロックウェル ほか
監督
アダム・マッケイ