前代未聞、仰天の実話!クリスチャン・ベール主演『バイス』特報解禁

クリスチャン・ベールが主演を務める映画『バイス』の特報とメインビジュアルが解禁となった。

バイス

本作はジョージ・W・ブッシュ政権(2001-09)で、アメリカ史上最も権力を持った副大統領、ディック・チェイニーを描いた社会派エンターティメント。チェイニー副大統領役にクリスチャン・ベールが扮するほか、チェイニーの妻役にエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役にスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役をサム・ロックウェルが演じる。

監督は『マネーショート』で、第88回アカデミー賞「脚色賞」を受賞、作品賞・監督賞・助演男優賞・編集賞・脚色賞の主要5部門にノミネートされ世界中からその手腕を認められたアダム・マッケイ。製作はプランBエンターテインメントが手掛け、代表であるブラッド・ピット本人がプロデュース。

今回、もはや識別不能なほど激変したクリスチャン・ベール演じるディック・チェイニーが、好物である食べかけのドーナツを手に不敵な笑みを浮かべているメインビジュアルが完成。原題となる「VICE」のロゴの中には、チェイニーの妻リン・チェイニー(エイミー・アダムス)、ラムズフェルド国防長官(スティーヴ・カレル)、ブッシュ大統領(サム・ロックウェル)、パウエル国務長官(タイラー・ペリー)が顔を並べる。チェイニーだけではなく、実在の人物に限りなく寄せてきたその役作りの完成度の高さに、コミカルさをも感じる大注目のメインビジュアルとなっている。

特報映像は、クリスチャン・ベールが体重を約20キロ激増し髪を剃り眉毛を脱色して臨んだディック・チェイニーが、ブッシュ大統領に「俺の副大統領になれ」と言われるシーンから始まる。「その職に興味はないが、君となら上手くやれそうだ。雑用は任せろ。内政も軍事もエネルギーも外交も」と、アメリカを自在に支配すべく、しらっと約束をとりつけるその姿は、まさしくアメリカ史上最強で最凶の“バイス”(バイス・プレジデント 意味:副大統領を指すだけでなく、“悪徳”や“邪悪”という意味もこめられている)。

そんな悪だくみに気づいているのかいないのか、「頼むよ」と軽く流すブッシュ大統領の姿も確認できる。チェイニーが「思いのままさ」と言い残して終わる特報に、「全部ホント。」という本編への期待が高まる。

映画『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開

(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

バイス

バイス

4.0
2019/4/5(金) 公開
出演
クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/スティーヴ・カレル/サム・ロックウェル ほか
監督
アダム・マッケイ