“本当の家族”のような奇跡のアンサンブルに監督も感激、『ビール・ストリートの恋人たち』本編映像

2月22日(金)公開の映画『ビール・ストリートの恋人たち』より、本編映像が一部解禁となった。

ビール・ストリートの恋人たち

前作『ムーンライト』で第89回アカデミー賞作品賞を受賞したバリー・ジェンキンス監督。2作品連続で見事本年度アカデミー賞3部門(脚色賞/助演女優賞/作曲賞)ノミネートを果たした最新作『ビール・ストリートの恋人たち』。1970年代のニューヨークを舞台に、人種や社会階層に対する差別の問題を根底にしながらも、どんな時も愛を諦めない恋人たちのラブストーリーをみずみずしく描いたジェイムズ・ボールドウィンの原作を映画化したジェンキンス監督待望の最新作だ。

ビール・ストリートの恋人たち

解禁された映像は、主人公であるティッシュ(キキ・レイン)の妊娠を母・シャロン(レジーナ・キング)が家族へ告げるという本編でも重要なシーンの一部。まだ19歳という若さで新しい命を授かったティッシュを、家族全員で祝福し、喜び、そして支えようとする、強い絆で結ばれたあたたかい家族の愛を感じさせる映像となっている。

このシーンでも重要な役割を担っているのが、本年度アカデミー賞助演女優賞の獲得が有力視されているレジーナ・キング。妊娠を告げられ、はじめは動揺を隠せずにいる父と姉を促し、末娘のティッシュをあたたかな眼差しで見守る母親・シャロン役を演じ、まるで家族の太陽のような存在感で母の強さと優しさを見事に体現している。

ビール・ストリートの恋人たち

ティッシュの姉であるアーネスティン役にはテヨナ・パリスを、リヴァーズ家の家長であるジョーゼフ役にはコールマン・ドミンゴをキャスティングしたジェンキンス監督は、「撮影セットで、テヨナとレジーナとコールマンは長編映画初出演にして初主演のキキを中心に繭のように身を寄せ合っていた。ティッシュはリヴァーズ家の一番小さな娘で、彼女はリヴァーズ家の愛の中心だったんだ。」と振り返り、「家族を作るようなキャスティングをしたわけではないんだけれど…。キャスティング・ディレクターと作り上げたアンサンブルがこのような形になることが、映画を作っていて最も嬉しいことのひとつだね。」と明かしている。

映画本編中と同様に、新人のキキを支えることで本当の家族のような絆を作り上げていったキャストたち。映画の神がもたらした、まさに“神のご加護”ともいえる奇跡的なアンサンブルを、ぜひスクリーンで目撃してほしい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は2月22日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開

(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ビール・ストリートの恋人たち

ビール・ストリートの恋人たち

3.8
2019/2/22 (金) 公開
出演
キキ・レイン/ステファン・ジェームス/レジ―ナ・キング/コールマン・ドミンゴ/マイケル・ビーチ/ディエゴ・ルナ/エド・スクライン/ブライアン・タイリー・ヘンリー/デイヴ・フランコ/ペドロ・パスカル ほか
監督
バリー・ジェンキンス