ブリー・ラーソンが『ショート・ターム』監督と再タッグ、『ガラスの城の約束』6月公開

ブリー・ラーソンと『ショート・ターム』デスティン・ダニエル・クレットン監督が再びタッグを組んだ映画『The Glass Castle(原題)』が、『ガラスの城の約束』の邦題で6月14日(金)より公開されることが決定した。

ガラスの城の約束

2016年に『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、その後も華々しい活躍を見せる女優ブリー・ラーソン。最新作となる本作では、「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニストにして、自身の衝撃的半生を綴った映画原作「The Glass Castle」で全米を一世風靡しベストセラー作家となった、実在の女性ジャーナリスト ジャネット・ウォールズ役を演じる。共演にウディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツ、監督を『ショート・ターム』などで知られるデスティン・ダニエル・クレットンが務める。

ガラスの城の約束

予告映像では、ニューヨークで自立し幸せに暮らす主人公が、関係を断ったホームレスの父との再会をきっかけに、今まで隠して生きてきた子供時代の想い出を呼び起こしていく感動のストーリーが展開される。父との想い出をたどる中で、「自分らしく生きる幸せ」を教えて育ててくれた父の想いに気づき、“本当の幸せ“を掴むため再び人生を歩み出す主人公の心の旅路を描く。

ガラスの城の約束

あわせて解禁となったポスタービジュアルでは、青空の下で父に肩車をされている幼いころのジャネットを、大人になった彼女が思い出している姿が描かれ、“「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれたのは、大嫌いだった父“というコピーが添えられ、父と娘が築いてきた関係性を想像させられるビジュアルとなっている。

映画『ガラスの城の約束』は6月14日(金)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国公開

(C)2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ガラスの城の約束

ガラスの城の約束

0.0
2019/6/14 (金) 公開
出演
ブリー・ラーソン/ウディ・ハレルソン/ナオミ・ワッツ ほか
監督
監督:デスティン・ダニエル・クレットン/原作:ジャネット・ウォールズ