『運び屋』C・イーストウッドが愛娘との共演を振り返る、夫婦演じたダイアン・ウィーストとの2ショットインタビュー映像

現在公開中のクリント・イーストウッド監督・主演最新作『運び屋』より、イーストウッド&ダイアン・ウィーストの2ショットインタビュー映像が解禁となった。

運び屋

今回解禁されたのは、本作で夫婦を演じたイーストウッド&ダイアン・ウィーストが主人公アールや共演者について和やかに語る貴重なインタビュー映像。

90歳の運び屋に魅せられたイーストウッドは、その理由について「かなり高齢の割に、とてもナイーブな人間に思えたからなんだ。彼くらいの年齢でも、学ぶことができるのは素晴らしいと思う。時に人は、心を閉ざしてしまうか、心を開いて新しいことを学ぼうとはしなくなるからね」と明かす。

運び屋

映画のテーマは「家族と許しの物語ですか?」という質問には、「そうだね」と応じ「他人の家族のことで助言したり、お節介をやいたりしているが、突然彼は自分の愚かさに気づく。自分こそ、こんなところで他人に助言しながら、じっとしているべきじゃないとね」と、ないがしろにしてきた家族との関係を見つめ直す物語だと語る。

運び屋

また、34年ぶりとなる実娘アリソン・イーストウッドとの共演については「素晴らしいよ。娘と共演したのはかなり前で、『タイトロープ』だったが、まだ子供だった。日常的に娘の顔を見られて嬉しかったよ」と撮影を心底楽しんだ様子が窺える。

さらに最後には、ダイアン・ウィーストがイーストウッドについて「聡明で、素晴らしい人。この上ない喜びだわ。期待をはるかに超えているわ」と語り、俳優としても監督としてもイーストウッドとの初共演は特別な体験だったと心情を語っている。

舘ひろしも「グッとくるセリフがたくさんありました」と絶賛する、アカデミー賞監督とアカデミー賞女優世紀の初共演が生み出す家族の機微、運び屋を追う捜査官たちのスリリングなドラマが交錯する、クリント・イーストウッド監督・主演の実話サスペンスの傑作『運び屋』は大ヒット上映中。

映画『運び屋』は全国公開中

(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

運び屋

運び屋

4.1
2019/3/08 (金) 公開
出演
クリント・イーストウッド/ブラッドリー・クーパー/ローレンス・フィッシュバーン/マイケル・ペーニャ/ダイアン・ウィ―スト/アンディ・ガルシア/アリソン・イーストウッド/タイッサ・ファーミガ ほか
監督
クリント・イーストウッド