シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』に本田翼、岡山天音、北村有起哉ら出演

シム・ウンギョンと松坂桃李がW主演を務める映画『新聞記者』が6月28日(金)より公開される。この度、脇を固める超豪華実力派キャストが解禁となった。

新聞記者

「報道メディアは権力にどう対峙するのか」を問いかける衝撃作。望月衣塑子(東京新聞記者)のベストセラー「新聞記者」を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリーとなる。

主演の松坂とは初共演となる、映画やドラマと近年女優としての活躍が目覚ましい本田翼。松坂演じる杉原の妻・奈津美役を演じる。本作のプロデューサーを務める高石明彦は、本田の起用について「彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います」と絶大な信頼を寄せている。

また、吉岡(シム・ウンギョン)の同僚の新聞記者・倉持大輔役に、主演作はもちろん数多くの作品で印象を残す注目の若手俳優・岡山天音。杉原の元上司で内閣府に勤務する神崎俊尚役に高橋和也。その妻・伸子役には着実な演技で幅広い役柄を演じる西田尚美。さらに、吉岡の上司で社会部デスクの陣野和正役に北村有起哉、杉原の上司で内閣参事官の多田智也役を田中哲司が演じる。勢ぞろいした個性豊かな実力派俳優たちが、新聞社と内閣特別調査室というただならぬ緊張感が続く重厚な物語に、より一層の深みを与える。

高石明彦プロデューサーによる、各キャストの起用理由


<本田翼>
女優として成長著しい本田さんにこの難役をやっていただくことで想像し得ない時間が生まれるという確信がありました。彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います。

<岡山天音>
彼の出演する作品を見ていて、一つ一つの芝居において、常に一石を投じようとする俳優としての姿勢を感じ、この映画の持つメッセージ性を豊かにしてくれると思いました。

<西田尚美>
明と暗を演じ分ける演技力がこの配役には必要だった。とりわけ切ない運命を背負ってしまった妻を演じていただく上で普遍的に愛される女優である西田さんしか浮かばなかった。

<高橋和也>
「優しい人」の代名詞である役柄を演じていただく上で、その説得力と存在感がなければならなかった。そういう意味において高橋さんはぴったりだと思いました。

<北村有起哉>
主人公の上司であり、かつ、新聞記者というプロフェッショナルな職業を演じて頂くため繊細な芝居が要求される難役。変幻自在に芝居を操る北村さんの存在感を持ってすれば、この難役は演じていただけると思った。

<田中哲司>
多田という配役は、人間の持っている「怖さ」を象徴すべき存在であり、物語の軸を担う存在でもある。数々のキャリアを積まれ、静けさの中に迫力のある演技をされる田中哲司さんなら、多田という役を膨らませてくださると考えた。

映画『新聞記者』は6月28日(金)より全国公開

(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

新聞記者

新聞記者

4.1
2019/6/28(金) 公開
出演
シム・ウンギョン/松坂桃李/本田翼/岡山天音/郭智博/長田成哉/宮野陽名/高橋努/西田尚美/高橋和也/北村有起哉/田中哲司 ほか
監督
藤井道人