『居眠り磐音』松坂桃李、映画公開に感謝「皆様の応援と支えにより…」原作者から嬉しいサプライズも

映画『居眠り磐音』プレミアイベントが4日、都内・有楽町朝日ホールにて行われ、キャストの松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、西村まさ彦、中村梅雀、柄本明、監督の本木克英、原作者の佐伯泰英が登壇した。

居眠り磐音

“時代劇初主演”となる松坂が演じるのは、江戸で浪人暮らしをしながら、昼間はうなぎ屋で働き、夜は両替屋の用心棒として悪と戦う<時代劇史上最も優しい主人公>坂崎磐音。「居眠り磐音」の呼び名は剣を構えた様子が「居眠りをしている猫のよう」と評されたことに由来しており、颯爽と悪を斬る磐音の鮮やかな剣さばきを魅せている。

居眠り磐音

出演していたピエール瀧容疑者の逮捕報道を受け、代役に奥田瑛二を迎え、当該出演箇所を撮り直し予定通り5月17日(金)に公開を控える本作。主演の松坂は、「本編をお届けできない中、こうして集まっていただき本当にありがとうございます。皆様の応援と支えにより、無事、公開します」と感謝の気持ちを述べる。「僕の中での侍/武士は『男たるもの』という強く鋭いイメージ。磐音の場合、普段は肩の力が抜けて周りに翻弄されやすいところがあるんですが、自分の正義を貫かなくてはいけない瞬間にはしっかりと武士になる、そのギャップが演じていて新しいなと思いましたね」とコメントした。

居眠り磐音

今回、松坂とは5度目の共演となった木村は「今まで見てきた、どの松坂さんよりもすごく凛としていました。時代劇初挑戦、豪華なキャストを背負っての難役、『いつもより気持ちも重いのかな?』と思いながら背中を見ていましたね」とコメント。松坂は「そういったプレッシャーもありました。5度目の共演ということもあって、お互いの呼吸みたいなものが役の関係性に現れていて、最初から全く心配がなかったです」と、木村との撮影を振り返った。

居眠り磐音

また、「悲しい運命を生きる女性の役なので、撮影期間は苦しかった」と明かす芳根。松坂との共演に「『すごく爪が大きいですね』っていうお話をした記憶があります(笑)」と暴露。松坂は「あー(笑)もっと思い出作りたかったですね(笑)たまに言われるんです。ひぃばあちゃんの遺伝だと思うんですが、ちょっと大きいです(笑)」と笑みをこぼしていた。

居眠り磐音

一方、本作で松坂・柄本と幼馴染を演じている杉野。「柄本さんとは殺陣の稽古をさせてもらった時に、すごく包み込んでくれる方だなと思った。松坂さんは先輩だし、優しさはすごい知ってるので(笑)」とハニカミ。その言葉に、松坂は「『割愛します』みたいな感じだけど!?(笑)」とツッコミ、仲睦まじい様子をのぞかせる。

居眠り磐音

柄本は「松坂さんとは8年ほど前にカンボジアで一ヶ月半ともに映画の撮影をした仲で、それ以来の共演だったんですが、濃密な時間を過ごした仲間だと思っていました」と振り返る。さらに、「杉野氏に関しては、初めて会った時にとっても目がキラキラしていた。とても素直で可愛らしいフレッシュな青年です!」と杉野の印象を明かした。

また、ピエール瀧容疑者の逮捕報道を受け、当該出演箇所を撮り直し予定通り5月17日(金)に公開を控える本作。代役を奥田瑛二が務めることに、本木監督は「再撮影のめどが立ち、さらにアップグレードしてお届けできるよう頑張ります!奥田瑛二さんに心より感謝申し上げますとともに、一件の直後に何人もの方々から『自分でよければ(代役)やるよ』と言っていただきました。本当に感謝いたします」と胸中を明かした。

居眠り磐音

イベントでは、本作の入場者特典(公開初日より)として、原作者・佐伯泰英が「京都で君の演技を見ていた時にフッと思い立った。短編を君に捧げます!」と、松坂をモデルに書き下ろした短編小説が数量限定でプレゼントされることが明かされた。松坂は「ありがとうございます!!楽しみです!」と満面の笑みをのぞかせた。

佐伯泰英が書き下ろした小説等を収録した豪華特別文庫「居眠り磐音 劇場版00」が、入場者特典として5月17日(金)より全国の上映劇場で数量限定で配布される。収録される書下ろし小説は、佐伯が映画『居眠り磐音』を鑑賞し、昔スペイン滞在中に闘牛を見た時の記憶が呼び起こされて書いた、闘牛士トオリの物語で、松坂桃李に捧げる掌編小説となっている。

映画『居眠り磐音』は5月17日(金)より全国公開

(C)2019映画「居眠り磐音」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

居眠り磐音

居眠り磐音

4.5
2019/5/17 (金) 公開
出演
松坂桃李/木村文乃/芳根京子/柄本佑/杉野遥亮/佐々木蔵之介/陣内孝則/谷原章介/中村梅雀/柄本明 ほか
監督
監督:本木克英/原作:居眠り磐音