藤原竜也史上“最狂”のドSキャラ!『Diner ダイナー』狂気の天才シェフ“ボンベロ”キャラクター動画

主演:藤原竜也、監督:蜷川実花が初タッグを組んだ未体験サスペンス『Diner ダイナー』より、藤原竜也演じる“ボンベロ”のキャラクター動画が解禁となった。

Diner ダイナー

「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落した女性・オオバカナコが、殺し屋専用のダイナーにウェイトレスとして売られるところから物語が展開される。天才シェフであり、元殺し屋のボンベロを藤原竜也が演じるほか、ダイナーに売られた少女・オオバカナコ役に玉城ティナ、ダイナーに集う強烈な“殺し屋”役に窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが扮する。監督を写真家・映画監督の蜷川実花が務める。

Diner ダイナー

これまでに藤原竜也が演じてきた過去作では、いずれの作品も個性的なキャラクターを演じ、強烈なインパクトと圧倒的な存在感を示してきた。だが、本作では、これまでの藤原はこの為の序章でしかなかったのでは?と思わせる程ぶっ飛んだ世界の中で、全てを支配する狂気の天才シェフ“ボンベロ”を怪演。

Diner ダイナー

彼の「お前はここから出られない」、「365日24時間休みなしで働けるか?」、「俺のルールを守れるか?」と次々に冷酷無情なセリフを吐き捨てていく様から、殺し屋たちすら自らのルールに従える王=“ボンベロ”の異常性を感じることができる。

さらに、玉城ティナ演じるオオバカナコの顔を便器に押し付け、「舐めろ」と強制する姿や、怯えるカナコの顔スレスレに包丁を突き刺すボンベロの姿は、まさに「従うか、死ぬか」の2択を迫る、藤原史上最狂&最悪のドSなキャラクターだ。

Diner ダイナー

一方で、真剣に料理と向き合うボンベロの姿や、一人銃を見つめて真剣に思い悩む姿も描かれており・・・?<ダイナー>に集結しはじめる日本屈指の殺し屋たち、唯一殺し屋ではない普通の存在として<ダイナー>に売られてきたオオバカナコ。彼ら全てがダイナーに集う時、一体何が起きるのか?ボンベロの目的とは一体?期待が高まる。

映画『Diner ダイナー』は7月5日(金)より全国公開

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

Diner ダイナー

Diner ダイナー

4.1
2019/7/5(金) 公開
出演
藤原竜也/窪田正孝/本郷奏多/武田真治/斎藤工/佐藤江梨子/金子ノブアキ/小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二 ほか
監督
蜷川実花