AIで“進化”した全身麻痺の男が覚醒!驚異の身体能力で敵をねじ伏せる『アップグレード』本編映像

ジェイソン・ブラム×リー・ワネルが贈るSFアクション『アップグレード』より、本編映像が解禁となった。

アップグレード
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

本作は、『ゲット・アウト』シリーズのプロデューサー ジェイソン・ブラムと、『ソウ』『インシディアス 序章』のリー・ワネルがタッグを組んだSFアクション。近未来、愛する妻と平穏な日々を送っていた男グレイは、突然現れた謎の組織により幸せを奪われる。妻は殺され、自身は全身麻痺となってしまう。実験的に巨大企業の科学者によってグレイに埋め込まれたAI(人工知能)チップ、“彼”の名前は「STEM」。AIの力で全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れたグレイは脳内で会話する相棒「STEM」とともに、妻を殺害した謎の組織に復讐を誓う。

AIの力で人間を超越した身体能力を手に入れる男グレイ・トレイスを、『プロメテウス』『スパイダーマン:ホームカミング』のローガン・マーシャル=グリーンが演じる。

アップグレード

解禁となったのは、AI(人工知能)チップ“STEM”を全身麻痺だったグレイが体に埋め込んでから初めて戦闘アクションを披露する本編映像。妻を殺した謎の組織を追い始めた矢先に、男に捕まり首を絞められ殺されそうになるグレイ。「私が単独で動く許可を」と“STEM”はグレイに提案、OKを貰った瞬間、グレイの体を操った“STEM”は男を吹き飛ばし、まるでマシンのような動きと驚異の身体能力で男をねじ伏せる。

操られているとはわかりつつも自分の体でありながら“ハイ・ディメンション=高次元”なアクションを繰り出す自分自身にパニック気味のグレイ。本作のキャッチコピーでもある「復讐が、〈起動〉する──。」の瞬間を捉えたシーンとなっており、縦・横と画面を切り替えることによって、これまで見たことのないアクションの連発に目が離せない。

映画『アップグレード』は10月11日(金)より渋谷シネクイント、新宿シネマカリテにて公開

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アップグレード

アップグレード

3.6
2019/10/11(金) 公開
出演
ローガン・マーシャル=グリーン/メラニー・バレイヨ/スティーブ・ダニエルセン/アビー・クレイデン/ハリソン・ギルバートソン/ベネディクト・ハーディ ほか
監督
監督・脚本:リー・ワネル