トップアーティストたちがお互いの芸術性を高め合う!『キャッツ』ダンスメイキング映像

2020年1月24日(金)公開の映画『キャッツ』より、プロダンサーたちと俳優陣が互いの芸術性を高め合う制作の現場を映し出したメイキング映像が到着した。

キャッツ

猫のように軽やかに舞い踊るため、出演者たちが日々切磋琢磨し合うダンスリハーサルの裏側を映し出した本映像。出演者の真剣な表情から現場の緊張感が伝わってくる一方、かつてない挑戦を心から楽しんでいる様子も感じられ、「“大勢の人が猫になりきる”なんて荒唐無稽に聞こえるけど、だからこそ最高に楽しいんだ」と語るのは、バストファージョーンズ役のジェームズ・コーデン。

主人公ヴィクトリア役フランチェスカ・ヘイワードは「猫の軽やかさを表現するのにバレエの動きが役立った」と、ダンサーとしての経験が役作りにも生きている事を明かし、ヘイワードの他にも、本作には様々なジャンルの一流のトップダンサーたちが参加し、本映像に映る一瞬の動きでさえ目を奪われるほどに軽やかで美しいダンスを披露している。

「新たなステップやジャンルを取り入れた」と語るのは、歌手、ダンサー、俳優として活動するラム・タム・タガー役のジェイソン・デルーロ。「魔法を生み出した」とデルーロが表現する言葉通り、様々なスタイルが一つに融合し、お互いの芸術性を高め合いながら完成に向かうその様子はまさに“魔法”そのものだ。

全米公開に先駆けて、初のお披露目となったワールド・プレミアでは、トム・フーパー監督はじめ、出演キャストが勢揃い。監督は「『キャッツ』は優しさの持つ力を歌い上げる作品。今の時代に学ぶところは多い。キャッツたちが新たにやって来た白猫ヴィクトリアから、優しさの大切さを学ぶ物語だからね」と自信をのぞかせている。

テイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェバーと共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」は第77回ゴールデン・グローブ賞の主題歌賞にノミネートされており、テイラーは「この曲がノミネートされたことは、この一年の中でも本当に大きな事!素晴らしい音楽チームと働くことができて良かった」とコメントしている。

映画『キャッツ』は2020年1月24日(金)全国ロードショー

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

キャッツ

キャッツ

3.3
2020/1/24 (金) 公開
出演
フランチェスカ・ヘイワード/ジェームズ・コーデン/ジュディ・デンチ/ジェイソン・デルーロ/イドリス・エルバ/ジェニファー・ハドソン/イアン・マッケラン/テイラー・スウィフト/レベル・ウィルソン ほか(日本語吹き替え):葵わかな/山崎育三郎/高橋あず美/秋山竜次/森崎ウィン/大貫勇輔/大竹しのぶ/藤原聡 ほか
監督
トム・フーパー