生々しすぎるほどのシンクロ率…!ヨナス・ダスラーが“連続殺人鬼”フリッツ・ホンカに扮する

2020年2月14日(金)公開の映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』より、フリッツ・ホンカ本人との比較写真が到着した。

フリッツ・ホンカ
ヨナス・ダスラー扮するフリッツ・ホンカ/フリッツ・ホンカ本人

ドイツ・ハンブルクで1970年代に実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカについての物語を、同名のベストセラー小説をもとに描き出す本作。解禁となるのは、70年代ドイツに実在した殺人鬼フリッツ・ホンカ本人の写真とヨナス・ダスラー扮するフリッツの特写。曲がった鼻、特徴的な斜視、髪の生え際まで、生々しすぎるほどの再現率だ。

70年代ドイツを震撼させた殺人鬼フリッツは1935年ドイツ・ライプツィヒ生まれ。10人兄弟の3人目として生まれた。母は掃除婦で父は強制収容所に入れられていたこともある共産党員。父はアルコール依存症で、度々ホンカに暴力をふるった。母に育児放棄されたフリッツは 児童養護施設で育った。56年にハンブルクに移住し、 港湾労働者として働き始めるが、交通事故に遭い、鼻を砕き、後遺症が残った。57年に結婚し子を儲けるが、60年に離婚。再婚するも、67年に再度離婚。72年に娼婦を強姦しようとして通報されるが、この頃にはアルコール中毒は深刻なものとなっていた。

70年、当時夜間警備員だったフリッツは、42歳の娼婦を殺害。少し間が空いて74年に54歳の娼婦と57歳の娼婦を、75年に52歳の娼婦を殺害した。そのうち、3人の娼婦の失踪は警察に報告されることはなかった。フリッツはオーラルセックス中に局部を女性に噛まれるのではないか、という恐怖心から、自分よりも非力で身長の低い 「歯のない娼婦」を好んでいたと言われている。

ファティ・アキン監督はドイツ・ハンブルク出身。子供の頃にいたずらをすると、「気をつけないと、ホンカがやってくるぞ!」とよく言われていたそう。それほど、当時のドイツで人々に強烈な印象を残したシリアルキラーだったのだ。

フリッツ・ホンカ
ハンブルクに実在するバー“ゴールデン・グローブ”

劇中でフリッツ・ホンカが、バー“ゴールデン・グローブ”にやってくる娼婦を次々と家に招き入れるが、このバーは実在する店で、実際にこの場所でフリッツが娼婦を物色していたのだ。このバーがあるのは、ハンブルクのザンクト・パウリ地区にある「レーパーバーン」という欧州屈指の歓楽街。そして、この店はなんとも悪趣味なことに、堂々と入口に「ホンカの部屋」と看板がかけられている(ホンカの部屋ではない)。

ちなみにだが、ハンブルクはザ・ビートルズがデビュー前に下積みを経験した場所としても有名だが、観光スポットとなっている「ビートルズ広場」の通り二つ挟んだ場所にこの“ゴールデン・グローブ”があるのだ。もし、ドイツ・ハンブルクに行く機会があれば、ぜひ店内を覗いてみてほしい。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2020年2月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

(C)2018bomberoint._WarnerBros.Ent. photo by Gordon Timpen

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

3.1
2020/2/14 (金) 公開
出演
ヨナス・ダスラー/マルガレーテ・ティーゼル/ハーク・ボーム ほか
監督
ファティ・アキン