⼀度しかない17歳の夏が弾ける!市川染五郎×杉咲花『サイダーのように言葉が湧き上がる』予告

5月15日(金)公開の劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』の予告映像が解禁となった。

サイダーのように言葉が湧き上がる

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。本作は、何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。

主人公のチェリー役に、初映画・初声優・初主演となる八代目 市川染五郎。ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれらが脇を固める。監督を、「四月は君の嘘」「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイが務める。

サイダーのように言葉が湧き上がる

予告編では、チェリーとスマイル、コンプレックスを抱えた者同⼠が出会い、SNSを通じ次第に気持ちを寄せていくさまが丁寧に描写されている。芽⽣えた気持ちの変化に⼾惑い、17歳の少年にはどうしようもない家庭の事情もあるけれど、殻を打ち破り少年は少⼥の元へ疾⾛する、主⼈公チェリーの⼀度しかない17歳の夏が弾ける仕上がりとなっている。

安部勇磨(never young beach)コメント


・監督から主題歌制作のオファーをいただいて

嬉しい。曲を作ろう。

・主題歌を制作するにあたって、意識したこと

作品からとても素敵な清涼感を感じたので、曲のほうも抜けのいい爽やかなものにしたいなと思いました。

・主題歌に込めた思い

そのままでいいんだよ。悩んでるあなたもとても素敵だよ。もしかしたらそんな不器⽤なときが⼀番輝いているのかも。

⼤貫妙⼦ コメント


誰にでも⼀つの歌、あるいは曲との出会いが必ずあるだろうと思います。それは世代を超え⽣き続けます。たくさんのものが溢れるように通り過ぎてゆく世界の中で、そこしか⾒えないくらい巨⼤な⾍眼鏡で惹きつけられる。出会ってしまった!と。それを運命と⾔うのでしょう。⾳楽はそんな魔⼒を持っています。若い頃の志を遂げることが叶わなくても、たとえば「夢を諦めることも、勇気なんだ」と監督にお話ししました。それは挫折とは違います。70年代⾵でオーソドックスな曲に、そんな気持ちを込めて歌いました。

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は5月15日(金)より全国公開

(C)2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる

--
近日 公開
出演
声の出演:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一/井上喜久子 ほか
監督
イシグロキョウヘイ