山田杏奈がヒロイン役で出演、岩田剛典×新田真剣佑『名も無き世界のエンドロール』2021年新春公開

岩田剛典と新田真剣佑が初共演、2021年新春公開予定の映画『名も無き世界のエンドロール』に山田杏奈が出演する。

名も無き世界のエンドロール
山田杏奈

数々の著名作家を輩出し、新人の登竜門的文学賞でもある「第25回小説すばる新人賞」を受賞し鮮烈なデビューを飾った行成薫による同名原作を映画化。“ある事件”をきっかけに人生が一変した幼馴染のキダとマコトが、自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するさまを描く。大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない“闇の交渉屋”としてのし上がっていく男・キダ役に岩田剛典、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男・マコト役に新田真剣佑が扮する。監督を、ドラマ「メゾン・ド・ポリス」「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」や、映画『累-かさね-』『ういらぶ。』などで知られる佐藤祐市が務める。

岩田演じるキダ、新田演じるマコトと家族以上の固い絆で結ばれた幼なじみのヨッチを演じるのは、『小さな恋のうた』でヒロイン役を務め、 『屍人荘の殺人』では物語のカギを握る役どころを熱演、ドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(9月8日放送開始)、『樹海村』(2021年公開)といった主演作品を控える、いま最も勢いに乗る若手実力派女優の山田杏奈。

本作では、過去に受けたいじめによるトラウマを抱えていたが、そんな自分の存在を真正面から受け入れてくれた2人を唯一信頼し、「ずっと一緒にいよう」と誓うも、訳あって2人の元を去らねばならなくなった哀しき女性を演じ切っている。大切な幼なじみという関係性に留まらず、2人にとっての“運命の人”になっていく重要な役どころに、「どこか少年らしいボーイッシュな雰囲気を持ちながらも、可憐さを併せ持ち観た人の記憶に残る唯一無二の存在感を放つ」という理由から、今回のキャスティングが実現。主人公2人と共に名も無き小さな世界を織り成す3人目としてその熱演ぶりに注目だ。

山田杏奈 コメント


キダとマコトの運命の人ともいえるヨッチの役どころと役を演じた感想をお願いします。

ヨッチはキダとマコトの幼なじみであり、ふたりにとって失いがたいとても大切な存在です。

彼女の無邪気でざっくばらんな部分と、一転して危うい部分を大切にしながら演じさせていただきました。

岩田さんと新田さんのバディとの共演はいかがでしたか?

お二人とも初めての共演で、緊張もありましたが、佐藤監督の演出とお二人のテンポ感にひっぱられて素敵な間柄を描けたかと思います。

本作を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

まさに「衝撃のエンドロール」です。笑

私自身どこまで言っていいものかとそわそわしながらコメントを書いております。

最後まで前のめりで見ていただける作品になっていると思います!ぜひ楽しみにしていてください。

佐藤祐市監督 コメント


山田さんは現場では最年少ということで、恐らく周囲にも気を遣っていたんだろうと思いますがお芝居に入ると、自分の意見を遠慮なくハッキリ伝えてくれる頼もしい部分が大いにありました。

なので、こちらもなるべくストレートに伝えようと現場に臨むことが出来て、とても有り難かったです。

少し影のある役柄なのですが、明るくお芝居をする中で、それをどう感じさせるかが、彼女の今回の挑戦だったと思いますがそれを見事にやり切り、本当に、これから女優としてドンドン伸びていくんだろうなぁ、と確信させられた感性の持ち主です。

映画『名も無き世界のエンドロール』は2021年新春に全国公開

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

名も無き世界のエンドロール

名も無き世界のエンドロール

--
2021/1/29(金) 公開
出演
岩田剛典/新田真剣佑/山田杏奈/中村アン/石丸謙二郎/大友康平/柄本明
監督
佐藤祐市