岩田剛典が銃を片手に壁ドン!ダークな演技に注目『名も無き世界のエンドロール』本編映像

1月29日(金)より公開される映画『名も無き世界のエンドロール』より、岩田剛典が演じる裏社会の交渉屋として暗躍する主人公・キダの姿を捉えた本編映像が解禁となった。

名も無き世界のエンドロール

行成薫による同名原作を「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」『累-かさね-』などで知られる佐藤祐市監督が映画化。“ある事件”をきっかけに人生が一変した幼馴染のキダとマコトが、自分たちの運命を変えた不条理な世の中に復讐するさまを描く。大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をも厭わない“闇の交渉屋”としてのし上がっていく男・キダ役に岩田剛典、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男・マコト役に新田真剣佑が扮するほか、共演に山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平、柄本明が名を連ねる。

映像は、キダがリサの恋人の部屋に忍び込み、暗闇の中から姿を現すところからスタート。キダを演じる上で本作の原作の一節に登場する「レオン」のジャン・レノをイメージして役作りをしたという岩田の低く響く「おかえり」の声はジャン・レノさながら渋さで、交渉相手を瞬時に恐怖に陥れる。キダは、リサと別れるよう交渉を始めるが、男がそれを拒むと、「いやなら殺すかどうかも視野に入れて交渉しなくちゃいけなくなる・・・」と男を壁に押し付け、額に銃を突きつける。別アングルからアップで抜かれた岩田の表情は、普段の爽やかなイメージの岩田からは想像もつかないほど冷淡で殺気を帯びている。岩田の新たな一面が発揮されたダークな演技にも注目だ。

映画『名も無き世界のエンドロール』は1月29日(金)より全国公開

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

名も無き世界のエンドロール

名も無き世界のエンドロール

--
2021/1/29(金) 公開
出演
岩田剛典/新田真剣佑/山田杏奈/中村アン/石丸謙二郎/大友康平/柄本明
監督
佐藤祐市