『サイダーのように言葉が湧き上がる』新公開日が7月22日に決定!

劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』の新公開日が2021年7月22日(祝・木)に決定したことが、AnimeJapan 2021で発表された。

サイダーのように言葉が湧き上がる

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールStory。主人公のチェリー役に、初映画・初声優・初主演となる八代目 市川染五郎。ヒロインのスマイル役は、若手随一の確かな表現力で高い評価を受ける杉咲花が担当。山寺宏一、花江夏樹、梅原裕一郎、潘めぐみ、中島愛、諸星すみれらが脇を固める。監督を、「四月は君の嘘」「クジラの子らは砂上に歌う」などを手掛け、繊細で叙情的な演出に定評のあるアニメーション監督・イシグロキョウヘイが務める。

サイダーのように言葉が湧き上がる

AnimeJapan 2021では、今年新設された「AJスタジオ」にイシグロキョウヘイ監督と脚本を担当した佐藤大が登壇し、『サイダーのように言葉が湧き上がる』を通して「【プリプロダクション】作品の骨格を作る脚本」を解説した。

脚本のスタートについて、「企画自体はフライングドッグから音楽もののオリジナルアニメのお話をいただいて、1年半くらい自分1人で回していたのですが上手くいかず、僕の方から佐藤大さんにお声がけしました」とイシグロ監督。佐藤は「元々イシグロ監督から最初に頂いたときはSFものだったんです(笑)でも監督から現代劇ベースに変更したいと相談され、共同執筆という形でお互いに意見を出し合って、それを融合しながら作り上げていきました」と明かした。

サイダーのように言葉が湧き上がる

本作の印象的な要素であるショッピングモール、アナログレコード、俳句の3つのキーワードについては、「毎週打ち合わせをしていく中で、1キロ圏内の限定的な場所で展開されるストーリーにしたいと思い、地方の風景が感じられるショッピングモールを舞台にしました。また、ありきたりな音楽ものにはしたくなかったので、音楽に関わる記憶を辿る話にしたいと思い、実際にレコードの現物を脚本打ち合わせの場に持って来たりして、互いに出てくるキーワードをピックアップしていきながらプロット化していきました」とイシグロ監督。

「少年が主人公の作品を作るとき、どうしてもモノローグに頼りがちになってしまうんです。でも今回はそこに頼らず、モノローグに匹敵するような心情のピンを打つものとして、最初にラップを思いつきました。ラップで練っていく中で、いとうせいこうさんの『俳句はラップの始祖だと思う』という言葉に感銘を受け、ラップから俳句へと繋がっていきました」と佐藤。

イシグロ監督からは、「こうやって、要素と要素が一方通行ではなく、回り道したり近道したりして脚本の中でだんだんと繋がっていきます。脚本は佐藤大さんが大元を担当して、自分は4パートのシナリオうち、1パートを担当しました。お互いが壁役になるとすごく意見が出しやすくて、一人で作業しているときには考えられないくらいのスピードでシナリオのアイディアが浮かんでくるんです。お互いアイディアをポンポン出し合って作り上げていったので、正直どっちが先に出したアイディアなのか分からないものも沢山あります(笑)それが共同脚本の面白いところです。」

最後に、アニメ業界を目指す方へ佐藤は「アニメ以外に好きなことを隠し玉として1つ持っておくこと!僕にとっては「音楽」です。まさにこの作品でもそうでした」、イシグロ監督は「最終目標がアニメの監督だからとにかくアニメの勉強をしなきゃ!ということは全くないです。それよりも感性を磨いてほしい。技術は後からいくらでも付いてきますから。自分の中の好きを先鋭化することが大事です」とメッセージを送った。

映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』は7月22日(祝・木)より全国公開

(C)2020フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

サイダーのように言葉が湧き上がる

サイダーのように言葉が湧き上がる

--
2021/7/22(木・祝) 公開
出演
声の出演:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一/井上喜久子 ほか
監督
イシグロキョウヘイ