『この世界の片隅に』のん、 声優初挑戦作に自信「涙がボロボロ出て、すごく素敵な作品」

映画『この世界の片隅に』完成披露試写会が9日、都内・スペースFS汐留にて行われ、主演声優ののん、片渕須直監督、原作者のこうの史代が登壇した。

この世界の片隅に

片渕須直監督が6年の歳月をかけ、戦中戦後の広島・呉の綿密なリサーチと時代考証を行い、こうの史代の世界を色鮮やかに描き出す本作は、戦況が悪化していく世の中で、苦悩しながらも日々を大切に前を向いていく女性・すずの生き様を追っていく。主演ののんをはじめ、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、澁谷天外が出演する。音楽を『マイマイ新子と千年の魔法』で主題歌を担当したシンガー・ソング・ライターのコトリンゴが務める。

この世界の片隅に

花束を持って登場したのんは「監督おめでとうございます。ヒロインのすず役をやらせていただきました、のんです」と挨拶。戦争を題材にした本作について「本当に素晴らしい作品に参加させていただけて、すごく嬉しいです。原作や映画を観て思ったのは、“普通の暮らし”という生活の中に、戦争というものが隣り合わせで入ってくる。どんな時でも生きていかなくっちゃいけなくて、それがすごく怖くて。だからこそ普段の生活が素晴らしく思える作品です」と語った。

この世界の片隅に
この世界の片隅に

また、完成した本編を片渕監督と原作者のこうのと一緒に観たようで、「めちゃくちゃ緊張しました!もうビクビクって感じで…」と初声優を務めた作品のお披露目に緊張している様子。そんなのんの演技に片渕監督は「映画化しようと思ったのは、素晴らしい原作から、すずさんの存在を感じたかったから。彼女がどんな風に喋るのか、これはもうのんちゃんしか思いつかなかった。すずさんが血や肉が通った人として、映画の中に存在していた」と絶賛し、こうのも「原作にはない明るさと素直さ、芯の強さもあってとってもよくできているなと思いました」と太鼓判を押した。

この世界の片隅に

一方、自身が演じるすずと似ているところを聞かれたのんは「ボーッとしているところ。だけど気の強いところとか、パワフルな部分があって。そういう共感したところから探っていって頑張りました」と笑顔を見せた。最後に「普通の生活とか生きるっていう大切さをすごく感じられる作品。涙がボロボロ出て、すごく素敵な作品だと思います。ご家族で観ると、大切なものを共感できるんじゃないかな」とアピールし、イベントを締めくくった。

映画『この世界の片隅に』は11月12日よりテアトル新宿ほか全国公開

【CREDIT】
声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外
監督・脚本:片渕須直 原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル 公式サイト:konosekai.jp

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で